山本美月、今後は“悪い子”演じたい「最近はいい子多かった」

エンタメ
【二次使用不可】【フォトギャラ・特集使用NG】「講談社メディアカンファレンス2019」20191112
「講談社メディアカンファレンス2019」に登場した山本美月  クランクイン!

 女優の山本美月が12日、都内で行われた「講談社メディアカンファレンス2019」に出席。好きなアニメやマンガについて語ったほか、今後挑戦したい役柄を明かした。

 1979年から40年にわたって行ってきた「読者が選ぶ・講談社広告賞」および「講談社デジタル広告大賞」が、今年から装いも新たとなり「講談社メディアカンファレンス2019」として優れた広告企画を顕彰するもの。山本は『ピーチガール』『パーフェクトワールド』など、同社刊行のマンガを原作とした作品に出演したことから、今回の登壇となった。

 アニメ・マンガに「育てられた」という山本。最近気になる作品について聞かれると「今は“異世界もの”は流行っているので好き。アニメは今クールチェックできていませんが、前クールですと『鬼滅(の刃)』とか。あと『荒ぶる季節の乙女どもよ。』はかわいい女の子が出てくるので好きでした」と笑顔で話した。

 イラストを描くのも好きで「昔から描いている。絵の仕事も少しずつ増えてきているので、今後も描いていきたい」と意欲的。イラストは「水彩だったりアクリルだったり、タブレットで描いていますね。イラストにするのは日常の出来事とか。インスタにアップしているので見てください」と呼びかけた。

 山本は女優業のほか、モデルとしても活躍中。歴としてはモデルのほうが長く、「お芝居はまだまだ緊張する」と苦笑い。今後挑戦したい役柄は「悪い子を演じてみたい。最近はいい子を演じることが多かったので。かっこよかったり、クールな役柄もやってみたい」と語った。

 また、山本は先日一部週刊誌で俳優・瀬戸康史との熱愛が報じられたばかり。去り際、報道陣から「交際は順調ですか?」「結婚はありますか?」などと質問されたが、答えることなく笑顔をキープしたままその場を去った。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介