加藤清史郎主演『#ハンド全力』、醍醐虎汰朗&鈴木福&佐藤緋美ら追加キャスト発表

映画
映画『#ハンド全力』
映画『#ハンド全力』場面写真 (C)2019『#ハンド全力』製作委員会

 俳優の加藤清史郎が主演を務める映画『#ハンド全力』の追加キャストとして、醍醐虎汰朗、鈴木福、佐藤緋美らの出演が発表された。

 本作は、SNSをきっかけにハンドボールを再開した主人公が、改めて人の優しさや強さ、絆の大切さを知り成長していく姿を描く青春映画。映画『私たちのハァハァ』『君が君で君だ』の松居大悟が監督・オリジナル脚本を手掛け、女子ハンドボール世界選手権大会が開かれる熊本県でオールロケを行った。主人公の高校生・清田マサオ役を18歳になった加藤が演じる。

 熊本在住の高校生・清田マサオは、夢中になれるものもなく、幼なじみの岡本とスマホをいじるだけの無気力な日々を送っていた。ある日、マサオが震災で離ればなれになってしまった親友タイチと3年前に仮設住宅前で一緒にハンドボールをしていた写真をアップすると、その投稿に思わぬ熱いコメントが続々と集まりだす。それに気をよくし「#ハンド全力」とハッシュタグを付けたころ、全国からさらに“善意”が寄せられ、大きな反響を呼ぶ。マサオと岡本の二人はSNSを盛り上げるためだけに、廃部寸前の男子ハンドボール部部長・島田と再建に向け奔走するのだが…。

 醍醐はマサオを常にサポートする幼なじみの岡本役、鈴木は卓越した分析力で弱小ハンド部を陰で支える七尾次郎役、佐藤は誰よりもハンドボールを愛する熱血部長・島田役をそれぞれ演じる。このほか、SNSに依存している東京出身のダンサー志望・蔵久役に坂東龍汰、震災で富山に転校してもハンドボールを続けるマサオの親友タイチ役に甲斐翔真が決まった。再起を図るハンド部に入部する心優しい片山役の磯邉蓮登、そしてクラスのムードメーカー林田役の岩本晟夢は、共に熊本のオーディションで選ばれた。

 主演の加藤は「個性的なキャラクターが作り出す空気を、老若男女問わずに楽しめます! 見終わった後に、頑張ることって素敵だな、自分も何か頑張ってみようかな、そんな風に思える作品です」とのコメントを寄せている。

 映画『#ハンド全力』は2020年5月22日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介