クリステン・スチュワート主演×ローラ・ダーン共演『ふたりのJ・T・リロイ』公開決定

映画
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ポスタービジュアル (C)2018 Mars Town Film Limited

 アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、映画スターをはじめ多くのセレブにも愛され、一大センセーションを巻き起こした“美少年作家”をクリステン・スチュワートが演じる映画『Jeremiah Terminator LeRoy(原題)』が、邦題を『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』として2020年2月14日より全国公開されることが決定。併せて日本版ポスタービジュアルも解禁された。

 50ドルで雇われたティーンエイジャーが突然文壇のカリスマとなり、世界的な一大スキャンダルを巻き起こした“嘘に基づく”衝撃の実話となる本作。映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られるJ・T・リロイは、サヴァンナとローラという2人の女性が創り上げた架空の人物で、今回の映画化では、初めてJ・Tの分身を担ったサヴァンナの視点から、彼女がなぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのかが描かれる。

 映画『トワイライト』シリーズや『チャーリーズ・エンジェル』のクリステンがサヴァンナ役で主演を務め、『ブルーベルベット』『ワイルド・アット・ハート』のローラ・ダーンがローラ役で共演。さらにダイアン・クルーガー、ジム・スタージェス、コート二―・ラヴらが脇を固める。メガホンをとるのは、ガス・ヴァン・サント製作総指揮の作品でデビューを飾った新鋭ジャスティン・ケリー。

 解禁されたポスタービジュアルは、2人とも黒づくめでサングラスをかけた姿で、こちらを向いたクリステンとその背中でこちらを伺うローラが大きく描かれたもの。その脇には「操り人形のめざめ」というコピーが配置され、サヴァンナとローラの関係性が次第に変わっていくストーリーを予感させるものとなっている。

 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』は2020年2月14日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介