今夜の『抱かれたい12人の女たち』松本まりか、“マッサージ”で山本耕史をメロメロに

エンタメ
ドラマ『抱かれたい12人の女たち』
ドラマ『抱かれたい12人の女たち』第6話場面写真 (C)「抱かれたい12人の女たち」製作委員会

 俳優の山本耕史が主演を務める即興恋愛ドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪ほか/毎週土曜25時26分ほか)第6話が今夜放送される。第6話では、女優の松本まりかが来店し、マスターの山本をマッサージでメロメロにする。

 本作は山本がバーのマスターに扮し、毎回登場する個性派女優が山本を本気で口説いてオトす、台本なしの即興劇。今まで女優の高橋メアリージュン、元乃木坂46の若月佑美、MEGUMI、筧美和子、中村ゆかりが出演し、バーを舞台に山本と大人な恋愛を繰り広げた。

 隠れ家的バー「Y‘zoo」に、オイルサンプルの入った大きな紙袋とキャリーバッグを持った女(松本)が入ってきた。実は彼女、男性用の高級アロマオイルの訪問販売員。全く売れずやけ酒をして歩いていると、バーを発見したためマスターに売ろうと訪れた。

 マスターのきれいな肌を見て、ボディーケアの話で盛り上がる2人。そしておもむろにマスターを脱がせ始め、高級アロマオイルでマッサージを始める。

 「気持ち良くないですか?」、彼女の耳元でささやく甘い誘惑に、マスターはメロメロに。「私の、初めてのお客様です…」と上半身を裸にされてマッサージされるマスターは、アロマオイルと彼女の誘惑に打ち勝てるか!?。

 松本は「今回、私はキャラクター設定を『ダサくて残念な女』にしたかったんです。素敵な女優さんはたくさん出てくるので、逆に私は抱きたいって全然思えないのに抱いて欲しいって思っている女性を選びました」と告白。「2人とも素で脱線してしまい、そこから想定外の展開になっていくところが、私の回での見どころだと思います」とアピールした。

 即興恋愛ドラマ『抱かれたい12人の女たち』第6話はテレビ大阪にて本日10月19日25時26分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介