今夜の『リカ』 高岡早紀が“運命の人”大谷亮平と出会い…第2部スタート

エンタメ
【東海テレビ・フジテレビ系】 オトナの土ドラ『リカ』
オトナの土ドラ『リカ』第5話場面写真 (C)東海テレビ

 女優の高岡早紀が主演を務めるオトナの土ドラ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の第5話が本日9日に放送される。第2部がスタートする第5話では、高岡演じる主人公・雨宮リカが、新たなターゲットとして映画プロデューサー・本間隆雄(大谷亮平)に目をつける。

 数々の事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年。雨宮リカ(高岡)は変わらずマンションでひとり暮らしをしている。いまだに亡くなった大矢(小池)の事が忘れられず涙ぐむ。

 そんな折、顔見知りの宅配業者からマッチングアプリの存在を知ったリカは、疑心暗鬼ながらも登録する。

 一方、映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷)は、「作家の恋」という原作の気乗りしない仕事を任される。そして、その映画のリサーチをするためにマッチングアプリに入ることを薦められ、“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする。

 その夜、本間の自宅には別居中の妻・葉子(徳永えり)と、溺愛する娘の亜矢(稲垣来泉)が荷物を取りに久しぶりに訪ねてくる。そそくさと実家に戻ろうとする妻を本間は引き留めようとするが、「まだ許してくれてないでしょ」と言われ、躊躇する。半年前に葉子の浮気が発覚したため、夫婦は別居生活を送っているのだ。

 マッチングアプリに登録したリカは、本間が登録した“神宮寺たかお”のプロフィールを見て、「作家さんなんだ…」と胸をときめかせる。

 そして、部屋で侘しくウィスキーを飲んでいる本間のマッチングアプリに『リカ/年齢:28/職業:元看護師/』の文字が届く。思案するも、返信を打ち始める本間だが、それは地獄への入り口だった…。

 オトナの土ドラ『リカ』第2部初回となる第5話は、東海テレビ・フジテレビ系にて今夜11月9日23時40分より放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介