『スカーレット』林遣都が「キャラ変しすぎ」 戸田恵梨香との再会シーンにネット爆笑

エンタメ
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』大ヒット御礼舞台挨拶20190904
林遣都  クランクイン!

 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第6週「自分で決めた道」(第31回)が3日に放送され、信楽へ帰省した喜美子が、幼なじみの信作(林遣都)と再会するシーンに、ネット上には「信作かわいい」「面白キャラになっとる」「キャラ変しすぎて爆笑」などの声が集まった。

 喜美子は信楽にいる父・常治(北村一輝)から、母・マツ(富田靖子)が倒れたと連絡を受ける。大阪で働く喜美子は大慌てで実家に戻ることに。道中で喜美子は女学生たちの黄色い声を聞くのだが…。

 セーラー服姿の女の子たちは手紙を持ちながらワクワクした様子で何かを待ち構えている様子。喜美子は歩きながら女の子たちの黄色い声が聞こえる方向に目を向けると、そこに自転車に乗った学ラン姿の信作がやってくる。女の子たちが飛び跳ねながら口々に「信様〜!!」と声を挙げている前に、険しい表情の信作が自転車を止めると「信様、信様うっさいのー!! 気色悪いさけぇ様はつけんな言うてるやろ!!」と一喝。そして指で鼻をこすりながら「このぉ〜」と睨みを効かせると、女の子たちは「キャー!!」と大喜びしながら、信作に「受け取ってください!」と手紙を渡す。

 女の子たちがその場を立ち去ると、信作はまんざらでもない様子でにやけた表情に。そうしているうちにようやく喜美子に気づき、信作は思わず「な、なんで帰ってきたん!!」と叫んでしまう。

 信作のモテっぷりやキャラの変化に、ネット上には「おい信作めっちゃ調子乗ってんな笑」「信作かわいいな」「信作が面白キャラになっとる...」などの声が多数寄せられた。さらにそんな信作に対して喜美子が呆れた表情で冷たいそぶりを見せると「キミちゃんの冷たい目と塩対応ぶりが気持ちいい〜(笑)」「信作キャラ変しすぎて爆笑」といったコメントもネットに上がっていた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介