佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優がぶつかり合う『ひとよ』緊迫の“兄妹喧嘩”シーン解禁

映画
映画『ひとよ』
映画『ひとよ』メインビジュアル (C)2019「ひとよ」製作委員会

 俳優の佐藤健が主演を務め、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子を共演に迎える白石和彌監督最新作『ひとよ』より、佐藤、鈴木、松岡の演じる3兄妹(きょうだい)が激しくぶつかり合う緊迫シーンを収めた本編映像が解禁された。

 本作は、劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの同名の舞台作品の映画化。ある事件をきっかけに離散した一家が、15年後に再会し、絆を取り戻そうとする姿を描く。主演の佐藤のほか、きょうだい役で鈴木と松岡、母親役で田中が共演。いずれも白石監督作品には初出演となる。脚本は高橋泉が務める。

 解禁された映像は、雄二(佐藤)、大樹(鈴木)、園子(松岡)の3兄妹が一堂に会するスナックでのワンシーン。母こはる(田中)が子どもたちを守るため、暴力を振るう夫を殺めた一夜の事件から15年。紆余曲折を経てこはるは3人のもとへ帰ってくるが、15年前と同様に兄妹たちが生まれ育ったタクシー営業所への嫌がらせが再開。手を焼く面々だったが、そこである事実が発覚する。映像では、それをきっかけに雄二、大樹、園子の3人が、園子の勤め先であるスナックで口論になるシーンが映し出されている。

 「母さんは母さんだぞ」と悲しみをにじませながら静かに憤る大樹、雄二は「代償考えないで子ども置いて出て行って、自分はみそぎも済ませたつもりで帰ってきて、冗談じゃねえよ!」と吐き捨てる。殺人を犯してまで自分たちを守ってくれたこはるへ葛藤を抱える大樹、園子と、事件のせいで世間から冷たい視線にさらされ続けてきた15年間を許せない雄二。それぞれが抱えてきた思いがほとばしり、兄妹たちが文字通りぶつかり合う、緊迫感満点のシーンに仕上がっている。

 白石監督によると、本作には「他人であろうと家族であろうと、人間関係は一度クラッシュしないと前には進めないのではないか」というメッセージが込められ、色濃く反映されているという。今回解禁されたシーンでも、3兄妹が家族だからこその苦悩や葛藤を経て、衝突しながら前に向かおうとする姿が映し出されている。

 映画『ひとよ』は11月8日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介