佐藤健「気付いたら役者をやっていた」 中学生の頃は夢を答えられず

映画
佐藤健、『ひとよ』インタビュー
佐藤健、『ひとよ』インタビュー  クランクイン!

 俳優の佐藤健が、『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督と初めてのタッグを組んだ『ひとよ』。ある事件によって運命を狂わされた家族の姿を見つめた本作で主演を務めた佐藤は、「白石監督の作品に出ることが念願だった」とうれしそうに話す。現在の日本映画界をけん引している俳優のひとりである佐藤だが、実はもともと「俳優になろうと思ってなったわけではない」のだという。

 ある雨の夜、3人の子どもたちを守るためにと暴力夫を殺した母こはる(田中裕子)は、子どもたちに15年後の再会を誓って姿を消す。次男の雄二(佐藤)、長男の大樹(鈴木亮平)、長女の園子(松岡茉優)は、それぞれに心に傷を抱えながら成長した。そして15年後、彼らの前にこはるが帰ってくる。

 複雑な思いを抱えたままの雄二を演じるにあたって、佐藤は、あえて役作りをせずに臨んだと振り返る。

 「作品をやるときにどういったアプローチで臨むかというのは、その都度、考えます。『ひとよ』の場合は、白石監督作品であること、そして共演者を見て役作りをせずにフラットな状態で入りました。これまでにも似たアプローチをしたことはありましたが、ここまで徹底したのは初めてです」。

 役作りをしない。それは俳優にとって、不安の伴う決断のはずだ。

 「当然、不安はありました。でも雄二がそのとき何をどう感じて、どう行動しているのか、すべてを理解して演じる必要はないと思ったんです。たとえば“母親に怒りを持っている人物”だとか、“このシーンでは感謝を伝えたいんだ”とか、考えて臨んでいませんし、少なくとも、言語化は一切していません。それが正解だったのかは分かりませんし、もっとこうしていればとの思いもありません。これはこれで、ひとつの形でできたと思っています」。

 実際に参加した白石組の現場には、作品とのギャップを感じたと漏らす。

 「現場のテンションと出来上がった映画のテンションに、かなりの差がありました。現場は淡々と進んでいくんですよ。『ひとよ』でいえば、雄二がクライマックスに初めて感情を爆発させますが、そうしたシーンにおいても同じです。白石監督の作品の印象から受けるような、ハードな空気が現場にもあるのかと思っていたら、そんなことは全くない。本当に粛々と進んでいくんです」。

 そうして改めて白石監督の才能を実感した。

 「実際に危険なことをすれば、危険に見せられるわけじゃない。白石監督は、観る人をドキドキさせたり、裏切ったりということが、本当に上手い人なんだと思います。白石監督自身には、撮っている時点で、『これで大丈夫』というものがはっきり見えているのだと思います」。

 さて、主人公の雄二は、中学生のころに小説家になりたいという夢を持っていたが、思い描いた未来を歩んでいない。一方、佐藤自身は、俳優として順調に歩みを進めているように映る。しかし、決して思い描いていた道ではなかったという。

 「そもそも何も未来を描いていなかったんですよ。中学生の頃には、将来の夢が答えられないのが悩みでしたから。役者でやっていくんだと思ったこともなかった。気が付いたら、役者をやっていたというか。ありがたいことに、仕事が続いたんです」。

 流れに乗るうちに、今の道を歩いていたという佐藤。あくまでも「自分で選択したわけではない」というが、「やってみたら楽しかったし、ずっと楽しい。(役者の仕事が)合っていたとは間違いなく思う」と断言した。そして佐藤もまた「観る人をドキドキさせたり、裏切ったりということが、本当に上手い」予測不能な役者だ。「やりたいことは、そのときにならないと分からない」と話す姿が、頼もしく映った。(取材・文:望月ふみ 写真:松林満美)

 映画『ひとよ』は11月8日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介