中島美嘉、人生初の挑戦!『時効警察』で全身“メロン”姿「新しい自分な感じ」

エンタメ
【テレビ朝日】金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』
金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第4話(左から)メインゲストの中島美嘉と、主演のオダギリジョー (C)テレビ朝日

 俳優のオダギリジョー主演ドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第4話(11月8日放送)に、歌手で女優の中島美嘉がゾンビ映画主演女優役で出演することが発表された。人生初となる被り物に挑戦し、ダサかわいい全身メロン・コーデ姿も披露する。

 『時効警察』シリーズの12年ぶりの復活となる本作は、総武警察署に勤務する霧山修一朗(オダギリ)が、交通課の三日月しずか(麻生久美子)を助手として、時効になった事件を趣味で捜査する脱力コメディー。オダギリ、麻生のほか、今シリーズより吉岡里帆が新人刑事役で出演する。

 第4話では霧山(オダギリ)が、25年ぶりにリメイクされる“長回し1カットのゾンビ映画”にまつわる時効事件を捜査。撮影中に監督の唐沢浩一郎(津田寛治)が殺された本事件において、まさかの「幽霊」と並んで最有力被疑者となる主演女優・折原千香子を中島が演じる。

 千香子はかつてそのゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』でブレイクし一気にスターダムを駆け上がったものの、今では仕事が激減。最近の代表作といえば、映画でも連ドラでもなく「メロンのCM」という状況となっている。

 中島は出演オファーを受けた当時を振り返り「もともと『時効警察』を見ていたので、オファーを頂いたときはビックリしつつも、うれしかったです。あと、自分にちゃんとやれるかなって、不安もありました(苦笑)。私はドラマの経験がたくさんあるわけじゃないので、どんな作品でも毎回出演するたびに、不安が付きまとうタイプなんです」と明かす。

 千香子を演じるにあたり「だいぶ大御所感のある話し方でセリフが書かれていたんです(笑)。なので、どういう言い回しにすればいいかな…など、細かい部分で悩みましたけど、現場で皆さんがとても優しく教えてくださったので助かりました」と周囲に助けられたと感謝のコメント。今回初共演となる主演のオダギリについては「すっごく落ち着かれた方で、オーラがとても優しいというか…。安心させてくださる方でした」と印象を語った。

 劇中では、メロンの被り物をかぶって、額から“メロンビーム”を発射するCM撮影シーンがあるが「被り物が初めてだったので、衣装合わせからテンションが上がっていました(笑)。メロンビームの動きも“新しい自分な感じ”で、本気で楽しみました(笑)」と楽しんで挑んだことを明かし、さらに「千香子が女優としていろいろな役をやっているときのイメージシーンの撮影もあって、それも印象的でした」と語っている。

 金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第4話はテレビ朝日系にて11月8日23時15分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介