『ニッポンノワール』賀来賢人&工藤阿須加の“乳首相撲”に「筋肉たまらん」の声

エンタメ
【日本テレビ】日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』
日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第2話場面写真 (C)日本テレビ

 俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が20日に放送され、清春(賀来賢人)と後輩刑事の時生(工藤阿須加)が“乳首相撲”をするシーンに「なに!?」「男前2人でやめて笑」などの声がネット上に寄せられた。

 本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。『3年A組〜』の半年後に発生した女性刑事殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相を描いていく。

 “十億円強奪事件”を追っていた碓氷(広末涼子)殺害の疑いをかけられた清春。彼は碓氷の一人息子・克喜(田野井健)を自宅に住まわせることにし、さらに自分を山小屋で襲撃してきた後輩刑事・時生も自宅へ連れて帰る。そんな3人が潜伏する清春の自宅を家宅捜索するために、警視庁捜査一課の理事官・本城(篠井英介)と特殊部隊SITが突入する。

 SITの隊員が部屋に突入し銃を構えると、そこには互いの両乳首に洗濯バサミをつけた清春と時生の姿が。真顔の清春が「ん!」と声を上げると、真剣な表情の時生は「うーん!」と声をあげて痛みに耐えている様子。あまりにもシュールな光景に、ネット上には「なにしてんの」「なに!?!?」「いきなり乳首相撲!」といったツッコミが殺到。

 そして清春によって両乳首から洗濯バサミを奪われた時生は、痛みにもん絶しながら「ウォォーい! 俺の夢と希望がぁ!」と絶叫。このコミカルなやりとりに「男前2人でやめて笑」「狂ってる笑」「ここで乳首相撲が出るとは思わなかった笑」などのコメントが集まった。

 さらに裸の上半身をあらわにした賀来賢人の肉体美について称賛する声も多く「賀来賢人さんのバキバキのボディが凄いわ」「賀来賢人の筋肉…たまらん」といった投稿も多数寄せられている。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介