『ミス・ジコチョー』松雪泰子の美しさに「釘付け」「ハマり役」視聴者絶賛

エンタメ
【NHK】【作品以外NG】ドラマ10『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』会見 20191010
ドラマ10『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』会見に登場した松雪泰子  クランクイン!

 女優の松雪泰子が主演を務めるドラマ『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』(NHK総合/毎週金曜22時)の初回が18日に放送。松雪の美しいビジュアルとヒロインのキャラクターにネットでは「松雪泰子の綺麗さに釘付け」など絶賛の声が相次いだ。

 本作は工学部教授の天ノ真奈子(松雪)が事故調査委員として謎を解き明かすミステリー・エンターテインメント。掟破りで自分勝手なヒロインが、草食男子の助手や周囲の人々を振り回しながら、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込んでいく。

 真奈子は、とある一流大学の工学部教授で、「失敗学」を立ち上げ研究中。失敗学とは、失敗の責任を追及するのではなく、直接の原因と、背景的・社会的な原因とを究明して知識化し、再発防止に役立てる学問である。その風変わりな学問の研究を兼ねてさまざまな失敗に興味を持っている真奈子は、工学者としても名高く、事故の調査委員会に招かれることが多い。ある日、とある化学プラントで爆発事故が起こり、真奈子は助手の野津田(堀井新太)と共に事故調査委員として原因解明に繰り出す。

 黒縁めがねの真奈子のビジュアルには放送序盤から「歳がわからない。綺麗すぎ」「史上最高に可愛い」との声が寄せられた。

 調査の中で真奈子は、ある推測をするが、事故調査委員会は真奈子の推測を「事故調査委員会のメンツが丸つぶれ」と言って受け入れない。検証するために実験を繰り返したが、実験は失敗。考える真奈子だったが、野津田の「元をたどれば」という一言をきっかけに、真奈子は自分の推測に抜けがあったことに気づき「私、失敗しちゃった」とつぶやく。

 この真奈子のセリフに、ネットでは「決めゼリフ!」という反応や、天才・真奈子の失敗に「失敗しちゃったほうが好感もてる」「失敗するのが人間だよ。潔い」などの声が飛び交った。そんな真奈子のキャラクターに対してもネットからは「松雪さんハマり役」「キャスティングがいい」など、絶賛の声が上がっていた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介