山崎賢人、カレンダー特典生写真解禁 未公開カット集めたパネル展も実施

エンタメ
『山崎賢人2020年カレンダー』
『山崎賢人2020年カレンダー』表紙ビジュアル (C)KADOKAWA

 俳優の山崎賢人が3年ぶりに発売する『山崎賢人2020年カレンダー』より、特典生写真の絵柄が解禁され、併せてパネル展の開催も発表された。

 2010年のデビュー以来第一線で活躍し、数々の話題作に主演する山崎。今年主演した映画『キングダム』は、興行収入57億円を超える大ヒットを記録し、国内のみならず北米やアジアなど海外からも熱い注目を集め、名実ともに今最も存在感を放つ俳優へと成長した。今春には、“普遍的なかっこよさ”をテーマに約4年ぶりとなる写真集も発売。アメリカ・ロサンゼルスで撮りおろし、発売を記念したパネル展も好評を博し、ますます活動の場を広げている。

 そんな山崎の3年ぶりとなる『山崎賢人2020年カレンダー』は、“季節感のある装い”をテーマに、カレンダーの原点に立ち返り、シーズンを感じさせるスタイリングやシチュエーションにこだわったもの。山崎自身の持つスタイリッシュな雰囲気を最大限に引き出した各ページは、まるでモード系ファッション誌の表紙を並べたかのよう。さらに仕様は保存性の高い卓上リングタイプで、長く楽しめるパッケージとなっている。

 そして今回、ネット予約購入時に封入される特典生写真の絵柄5種類(Amazon版、楽天ブックス版、スターダストショッパーズ版、セブンネットショッピング版、カドカワストア版)が解禁となり、真剣な表情のカットや赤いトップスに身を包んだ姿、スーツ姿など、厳選されたバラエティ豊かな生写真がセレクトされた。

 また、カレンダー発売を記念し、東京・大阪の2会場にて未公開カットのみで構成するパネル展を開催することも決定。会場では、カレンダーをはじめ対象商品を2500円以上購入で、絵柄違いの生写真がプレゼントされる。

 『山崎賢人2020年カレンダー』はKADOKAWAより11月14日発売。価格は2500円(税別)。パネル展は、東京会場はSHIBUYA TSUTAYAにて、大阪会場はTSUTAYA EBISUBASHIにて11月14日より開催。入場無料。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介