滝沢カレン、番組で得た知識を“親友のサチコ”に教えたい

エンタメ
【テレビ東京】『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』取材会 20191005
『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』取材会にて  クランクイン!

 タレントの滝沢カレンが5日、都内で新番組「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」(テレビ東京系列)の取材会に出席。報道陣を相手に爆笑会見を展開し、共演者のおぎやはぎ(小木博明、矢作兼)らがお手上げ状態になった。

 同番組は、過去に深夜番組として特番で2度放送した『滝沢カレンのわかるまで教えてください』をレギュラー化した新感覚のお勉強バラエティ。話題のニュースや流行を優しく解説していく。

 初回の収録後にスタートした本取材会には、滝沢のほか、新レギュラーのおぎやはぎと経済学者の村尾信尚氏、佐久間宣行プロデューサーが参加した。

 本番組が初の冠レギュラーとなる滝沢は、会見冒頭の挨拶から「私、小学生のとき、あれだけ勉強というものをやめようと思って、遊びに没頭しようというあの時代から、ついこの間、去年までは本当にそのままの頭で来ちゃった。でも、『また学んだらどう?』と声をかけてくれたような気がした」と滝沢節。「来年、物知りな自分に会えるのが、今の自分の一番の楽しみであります」と話した。

 番組内で司会などを担う矢作は「僕も知らないことがいっぱいある。なんとなく、知ってるフリをしながら、カレンちゃんに聞かせて勉強していこうと思います。僕にとってもいい番組」とコメント。滝沢を筆頭とする“ニュースが分からない軍団”の一員となる小木は「カッコいい言葉を知っていきたい。(会話に)自然に入れたい」と目標を掲げた。

 専門家軍団を率いる村尾は「コテンパンに皆さんにやられました。特に、小木さんのキツい質問シャワーにため息をつくことになりました」と肩を落としつつ、「カレンさんが僕の答えに反応してくれると生きがいを感じる。『よかった〜』と思う」とほほ笑んだ。

 会見終盤、番組で得た知識を誰に伝えたいか問われると、滝沢は「中学時代に『一緒に勉強をやめようよ』と言った親友のサチコに教えたい。一緒の頭になっていってほしいので『この番組でどんどん上に行こうね』と話せたら嬉しいです」と話し、会場の爆笑をゲット。次いで答えることになった小木が「いや、サチコを言われちゃうとな〜(笑)。もうヤバいよ、こっちは。カレンちゃんはスゴい。全部面白いからビックリしちゃう」と白旗を上げた。

 バラエティ番組「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」は、テレビ東京系列にて10月16日より毎週水曜22時放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介