斎藤工、“牛の着ぐるみ”で登場 『最上の命医 2019』恒例シーン初公開

エンタメ
【テレビ東京】ドラマスペシャル『最上の命医 2019』
ドラマスペシャル『最上の命医 2019』場面写真 (C)テレビ東京

 俳優の斎藤工が主演を務めるドラマスペシャル『最上の命医 2019』(テレビ東京系/10月2日21時)より、恒例となる斎藤の着ぐるみシーンが初公開された。

 本作は、自ら病に冒されながらも、消えそうな小さな生命に極限まで向き合う小児外科医・西條命(斎藤)の奮闘を描く医療ドラマ。2011年1月期の連続ドラマから始まり、2016、17年にスペシャルを放送。今回が第3弾のドラマスペシャルとなる。主演の斎藤のほか、田中麗奈や岸谷五朗、永井大、村田雄浩、泉谷しげるが脇を固める。

 小児外科医の西條命(斎藤)は、看護師の多岐川菜月(田中)と共に房総の田舎町の診療所で臨時医師として働いていた。チョークをかじる異食行動の女児・中園柚をケアする一方、手術不可能と診断された男児をオペで救うため、東房総医療センターの中込隆三院長(村田)の協力要請を受けていた。そんな中、房総刑務所に服役していた佐久間耕作(岸谷)が脱獄したというニュースが世間を騒がす。そして柚が突然姿を消してしまい…。

 今回公開されたのは、斎藤演じる命が“牛の着ぐるみ”で登場する場面写真。命が子どもたちを喜ばせようとヒーローになりきる被り物シーンは、シリーズ恒例のホッとする場面となっており、2016年放送のスペシャルドラマではキリンの“ジラフマン”に、2017年のスペシャルでは“クジラーマン”に扮し話題となった。ドラマスペシャル3作目となる今回は、これまでの被り物とは少しテイストを変え、牛の着ぐるみを着て登場する。

 さらに、撮影時に偶然着ぐるみと似た柄の私服を着用していた関光一郎役の永井との姿を収めたオフショットも公開された。笑顔でカメラに向けてポーズをとる姿が撮影の雰囲気の良さをうかがわせる1枚となっている。

 ドラマスペシャル『最上の命医 2019』は、テレビ東京系にて10月2日21時放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介