日向坂46、過去最大規模2万人を前に“ひらがな”時代も継ぐ全19曲を熱唱

エンタメ
日向坂46「3rdシングル発売記念ワンマンライブ」
日向坂46「3rdシングル発売記念ワンマンライブ」

 日向坂46が26日、自身初のさいたまスーパーアリーナ公演となる「3rdシングル発売記念ワンマンライブ」を開催した。2月にけやき坂46からの改名を経て約半年、10月発売の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」リリースを記念したグループ史上最大規模の公演では2万人のファンが詰めかけた会場で、全19曲を披露。キャプテンの佐々木久美は「今日はすべてを出し切ることがましたが、これからも自分たちの坂を昇り続けます」と未来への決意を示した。

 改名を境にして、3月に横浜アリーナで「デビューカウントダウンライブ」を開催。そこから、相次ぐシングルのリリースや単独ライブ、フェスへの出演などでパフォーマンスを磨いてきた日向坂46。開演前、注意事項を告げる“影ナレ”に、会場の所在地である埼玉県出身の金村美玖、丹生明里、渡邉美穂が登場すると場内には大歓声が起こり、「さいたまスーパーアリーナ、行くぞ!」とメンバーが鼓舞、客席の声はさらにボルテージを増した。

 やがて開演を告げる「Overture」が流れると、場内はグループのイメージカラーでもある水色の光の海に。1曲目のキラーチューン「ドレミソラシド」へ続くと、客席では印象的な振り付けをマネするファンの姿が目立ち、曲の途中では、ステージの頭上にあったカメラが彼女たちの持ち味である“フォーメーションダンス”をスクリーンに映し出していた。

 続いた“ひらがなけやき”ことけやき坂46時代から歌い継がれる「ひらがなで恋したい」では、ステージの両端からそれぞれのメンバーがトロッコへ移動。客席の外周を進みながらファンへと近づき、メインステージへ戻ったあと、曲の終盤で齊藤京子と佐々木美玲が抱きつくシーンがスクリーンに投影されると、客席からは大きな歓声が上がった。

 MCでは、佐々木久美が「さいたまスーパーアリーナに日向坂46がやってきました」と客席を鼓舞。パフォーマンスは続き、花道を歩いてサブステージへたどり着いたメンバーたちは「ときめき草」と「期待していない自分」を披露。再びメインステージへ戻り「抱きしめてやる」を歌い上げた。

 そして、ステージに残った9人のメンバーがトークを展開。会場の所在地である埼玉県に話が及び、地元出身の渡邉は「ウチらの血が騒ぐんです。いつも暴れているけど、今日は増し増しです!」とテンションを高め、他県の山口県出身ながら河田陽菜が「熊谷市はいつも最高気温の記録を更新するよね」と話すと、メンバーからはファンの愛称“おひさま”にちなみ「おひさまと関係がある」と感心する声が上がった。

 ライブも中盤になり、ユニット曲のブロックでは加藤史帆や高本彩花、東村芽依らの8人による「My god」に続いて、加藤、渡邉、最年少の上村ひなのが「やさしさが邪魔をする」を披露。金村、河田、丹生、東村芽依が歌い上げた「Cage」ではメンバーが銀色の鳥カゴに囲まれながら登場し、攻撃的なダンスナンバー「Dash&Rush」では、冒頭で富田鈴花のラップパートが冴え渡った。

 その後、全員での「君に話しておきたいこと」が披露され、MCになると加藤の提案によりファンの知識を試す「おひさまクイズ」を展開。齊藤がコメントの一部に“ば行”の言葉を入れる自身の特技は何かという問いを。「“バビ語”だと思う人はサイリウムを水色にしてください。ピンクは“べみほ”(渡邉の愛称)で」と促したが、限られた時間ながらも間が空いたことにメンバーが「きょんこが締め切らないといつまでも時間かっかちゃうよ」とツッコみ、齊藤が「締め切らない」と笑顔でいなす一幕もあった。

 続いて、佐々木久美の「皆さんお待ちかねのあの曲を初披露しちゃいます」の一言から、どしゃぶりの天気雨の中で誰かに電話をかける小坂菜緒の映像がスタート。VTRが終わり披露されたのは10月発売の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」で、歌い終えたのち、センターを務める小坂は「私たちの新しい一面がみられるすてきな曲になっているので、皆さんぜひぜひよろしくお願いします」と客席へ伝えた。

 そして、佐々木久美が「ラストスパートだけど声出していけますか!」と鼓舞したのをきっかけにライブは終盤戦へ。サブステージに黒いキツネのお面を被ったダンサーたちが現れ、和太鼓や尺八の音色が耳に残るお囃子(はやし)に続いて披露されたのは、曲中のキラーフレーズを客席も大合唱していた「キツネ」。

 そこから流れるように代表曲の一つである1stシングル「キュン」へと続き、グループの空気感を象徴する「ハッピーオーラ」ではトロッコに乗ったメンバーが客席へ向かってボールを投げ、上村、金村、丹生、松田好花が間奏でファンたちを鼓舞。「NO WAR in the future」「JOYFUL LOVE」を歌い上げ、本編を終えた。

 その後、客席にしばしの「日向坂46!」のコールが響いたあと、再びステージに戻ったメンバーはアンコールとして「誰よりも高く跳べ!」「半分の記憶」を披露。

 来年放送のドラマやカレー飲食チェーン・CoCo壱番屋とのコラボレーション決定などのお知らせを挟み、昨年12月に日本武道館で開催された「ひらがなクリスマス」が今年も行われることが発表されると客席からは歓声が上がった。前回はお披露目としてトークのみの参加であった上村は「楽しみすぎて、(手にしていた)ペンライトが付いちゃいました」と独特な感性で喜びを表現していた。

 そこからこの日最後の曲となった「約束の卵」が披露され終演。曲の終盤では、水色のシャボン玉に包まれたステージでそれぞれがグループの絆を表す“ヒ”の文字を指で作りながら重なり、横一列で手を握り合ったメンバーたちは、横一列になり満員の会場へ「ありがとうございました」と伝え、ステージを後にした。

日向坂46「3rdシングル発売記念ワンマンライブ」セットリストは以下の通り。

M1「ドレミソラシド」
M2「ひらがなで恋したい」
M3「ときめき草」
M4「期待していない自分」
M5「抱きしめてやる」
M6「My god」
M7「やさしさが邪魔をする」
M8「Cage」
M9「Dash&Rush」
M10「君に話しておきたいこと」
M11「こんなに好きになっちゃっていいの?」
M12「キツネ」
M13「キュン」
M14「ハッピーオーラ」
M15「NOW WAR in the future」
M16「JOYFUL LOVE」
EN1「誰よりも高く跳べ!」
EN2「半分の記憶」
EN3「約束の卵」

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介