今夜の『いだてん』 役所広司、東京オリンピック開催を熱く訴える

エンタメ
【NHK】『いだてん~東京オリムピック噺~』第35回「民族の祭典」
『いだてん~東京オリムピック噺~』第35回「民族の祭典」 (C)NHK

 NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)、今夜15日放送の第35回「民族の祭典」では、IOC総会で嘉納治五郎(役所広司)が、日本でのオリンピック開催を訴える。

 1936年夏。ベルリンで4年後の次回大会の開催地を決めるIOC総会が始まり、嘉納は「日本で平和の祭典を!」と熱く訴える。

 その直後に開幕したベルリンオリンピックは、政権を握るナチスが総力をあげて運営する大規模な大会となり、田畑政治(阿部サダヲ)を圧倒し当惑させる。

 マラソンでは金栗四三(中村勘九郎)と同じハリマヤ足袋を履くランナーが出場。そして、水泳では前畑秀子(上白石萌歌)のレースが迫る。

 NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第35回「民族の祭典」はNHK BSプレミアムにて9月15日18時、総合テレビにて20時放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介