小雪、怪しすぎる新興宗教教祖に 『時効警察』でオダギリジョーと17年ぶり共演

エンタメ
【テレビ朝日】金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』
金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第1話ゲストの小雪と主演のオダギリジョー (C)テレビ朝日

 俳優のオダギリジョーが主演を務める10月期のドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の放送開始日が10月11日に決定。同日放送の第1話では、女優の小雪が怪しい新興宗教の教祖役でゲスト出演することも発表された。オダギリと小雪の共演は17年ぶり。

 『時効警察』シリーズの12年ぶりの復活となる本作は、総武警察署の時効管理課に勤務する霧山修一朗(オダギリ)が、交通課の三日月しずか(麻生久美子)を助手として、時効になった事件を趣味で捜査する脱力コメディー。

 第1話で小雪が演じるのは、新興宗教の教祖・神沼美沙子。彼女は“ほぼ同時刻に別の場所で起こった2つの密室殺人事件”という、霧山が調べる時効事件と深い関わりがあった。この時効事件で亡くなった人物のうち、一人は美沙子の母親。もう一人は乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男で、美沙子の母親の元愛人であると同時に美沙子の夫でもあった人物。ドロドロの人間関係が渦巻く中、小雪も怪しさ全開で物語を振り回す。

 撮影前には「『これまで実際に見たことも演じたこともない“教祖様”という存在を、どうしたら具体化できるのかな』という不安も少しあった」という小雪だが、その不安も初タッグとなる脚本・監督の三木聡とのやりとりを通して払拭されたそう。「監督の頭の中には、普通の概念を超えたビジュアル・イメージが強くあるんですよね。だから、いつも白紙で裸のまま現場に行って、その場でつけていただいたお芝居をそのまま楽しんでいました。フレキシビリティーがすごく求められる現場だから、刺激になってよかったです」と、笑顔で撮影を振り返った。

 オダギリとの共演は2002年のドラマ『天体観測』以来。小雪は「17年前はお互いに若かったり、絡むシーンが少なかったこともあって、オダギリさんとはあまりお話ししたことがなかったんです。でも、今回はすごく気さくにお話ししていただいたんですよ。お互いに子どもの話もしたりしましたね」と話す。また、「オダギリさんはすごくクリエイティブなので、発想の視点も面白く、新たな発見がありました。大人になってまた、表現者同士としてお会いすることができて、うれしかったです」と再共演を心から喜んでいる様子だった。

 第1話にはこのほか、俳優の六角精児と村松利史がゲスト出演することも発表された。六角は美沙子に思いを寄せる信者・花崎新一役。第1シリーズ『時効警察』(2006年)と第2シリーズ『帰ってきた時効警察』(2007年)にもゲスト出演した村松は、生前に浮き名を流しまくった「総武のウタマロ」役で再出演する。

 金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』はテレビ朝日系にて10月11日より毎週金曜23時15分放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介