「俺は終わった」レオ様、ブラピの肩で泣く『ワンハリ』固い友情で結ばれた2人の本編解禁

映画
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』場面写真

 8月30日より公開される奇才クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』より、本編映像が解禁。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2人が語り合うシーンで、ブラッドの肩で泣くレオナルドが映し出される。併せて2人のコメントも到着した。

 タランティーノ4年ぶり9作目の長編監督作となる本作は、レオナルドとブラッドという二大スターの初共演で、2人の友情と絆を軸に、1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。2人のほか実在の女優シャロン・テート役でマーゴット・ロビーが出演する。

 解禁されたのは、レオナルド演じる落ち目のTV俳優リックと、ブラッド演じるリックのスタントダブル、クリフの関係性が最も伝わるシーン映像。アル・パチーノ演じるプロデューサー、シュワーズに言われた言葉に傷つき、駐車場で泣き出してしまう情緒不安定なリック。一瞬クリフの肩を借り涙するリックを、クリフが驚いて優しくなだめる姿が描かれている。ふたりが親友であると同時に、実際のレオナルドとブラッド同様に、お互いを信頼しきっていることがわかる一幕となっている。

 実際には世界中から注目され続けるトップスターであるレオナルドが、「落ちぶれた現実にブチ当たった」と泣き出し、ブラッドを困らせるというとてもユーモラスなシーンでもある。

 さらに今回、レオナルドとブラッドが、お互いについて語ったコメントが到着。ブラッドは「ものすごく楽に演じられたし、本当によく笑ったよ! 2人とも同じような時期にこの世界に入ったし、共通の知人も大勢いるんだ」と初共演について語り、レオナルドは、リックとクリフの関係性について「僕らは業界で生きているアウトサイダーで、なんとか成功しようと日々努力しているんだ。この街で年を重ねてきた自分に関連する役柄だったし、ブラッドと共演できたこともあって、彼らがどんな男たちかということや、業界内で泳ぎ、生き抜くために暗黙のうちに互いを頼りにしていることを、初日からすんなり理解できたんだ」と、自身とブラッドの関係性と映画の役柄を重ね合わせ、名バディぶりをアピールした。

 なお26日には、レオナルドとタランティーノ監督が本作のプロモーションツアーで来日することも決定している。

 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介