公開待機作6本控える堀田真由  多忙な日々も「人生を楽しみたい」と活動的に

映画
映画『プリズン13』堀田真由インタビュー
映画『プリズン13』で主演を務める堀田真由  クランクイン!

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』で主人公の妹・りんを印象的に演じ、その後もドラマ『チア☆ダン』『3年A組―今から皆さんは、人質です―』など話題作に立て続けに出演している女優の堀田真由。主演を務める映画『プリズン13』の公開を前に、衝撃的な役柄を演じた本作への思い、そしてフル活躍が続く現在の心境を聞いた。

 本作は、世界で最も邪悪な心理実験として知られる“スタンフォード監獄実験”を基に描いた密室サスペンス。監獄実験の被験者となった12人の男女が、看守と囚人に分かれ、監獄生活を疑似体験するうちに、行動がどんどんエスカレートしていくさまを描く。

 堀田が演じるのは、被験者として実験室を訪れ、看守役になったものの、優しさがアダとなり囚人の暴走を許してしまう女性・マリ。この役を演じるにあたって堀田は、「普通の女の子が、この実験に参加していく中で、成長していく姿を描けたらいいなと思って、心の変化を大切にしました」と話す。さらには、“監獄生活”という設定を意識して「自分の体の変化も楽しんだ」とも。

 「普段は、むくまないように、撮影前には足をマッサージしてから寝たりと、体のメンテナンスにも気をつけているんですが、今回は監獄の中にいるという設定だったので、体をきれいに保つよりも、自分の変化もあえてそのままにして、むくみや疲れている感じも生かそうと思いました。それは、私にとってはこれまでの作品にはないやり方でした」。

 現在放送中の土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日)のほか、2019年は公開待機作6作を控える堀田だが、忙しい中にあっても、「どの作品も、やるからには“正解”にしたい。たとえそれがどんなに小さな役だったとしても、やってよかったと毎回思えるようにやろうと思って臨んでいる」と常に真摯(しんし)に役へと向かう姿が感じられる。改めて、彼女にとってのターニングポイントを尋ねると、「どの作品も私の中では大きな意味のある作品だった」と前置きしながらも、大きな反響があった作品として『チア☆ダン』を挙げてくれた。


 「私が演じた稲森望という役は、最初は主人公チームと対立する役だったのですが、撮影のためのダンスレッスンでは、最終的に同じチームで踊るということもあり全員で仲良くチームワークを大切にしていました。なので、ダンスレッスンをしているときの気持ちと役を演じているときの気持ちがごちゃごちゃになってしまって…大変でしたが、でも、私の黒髪ロングが定着したのもこの作品で、街で声をかけられることもこの作品以降増えたように思います」。

 女優として着実な成長を重ねる堀田だが、現在はバラエティ番組にも積極的に出演。『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ)にはレギュラー出演中だ。

 「バラエティに出演させていただいて、自分自身の言葉の引き出しが少ないことに気づいて、それからは、これまで以上に社交的になったと思います。人とご飯に行く機会を増やそうと思っていますし、どなたとでも話そうというように意識が変わりました」。

 その社交性、活動的な一面は休日の過ごし方にも反映されていて「何も決めずに、とりあえず友達と東京駅に集合して、チケット売り場の前で『今日はどこへ行く?』ってこともありました」。その行動力に驚いていると、「人生を楽しみたいなと思って。楽しんだもの勝ちだと思うんです!」と満面の笑みを浮かべて語ってくれた。愛らしい姿に加え、一途に女優業へ向き合う姿勢が相まって、これまで以上の活躍をますます目にすることになりそうだ。(取材・文:嶋田真己 写真:松林満美)

 映画『プリズン13』は8月30日より公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介