オダギリジョー監督作『ある船頭の話』予告編解禁

映画
映画『ある船頭の話』
映画『ある船頭の話』第2弾ポスタービジュアル (C)2019「ある船頭の話」製作委員会

 俳優・オダギリジョーの長編初監督作で、俳優の柄本明が主演を務める映画『ある船頭の話』より、豪華キャスト陣が次々と登場する予告映像が解禁された。

 オダギリが長年温めてきたオリジナル脚本を映画化した本作。主人公の船頭トイチを柄本、ヒロイン役を川島鈴遥が演じるほか、トイチを慕って多くの時間を共に過ごす村人・源三の役で村上虹郎が出演。そのほか、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功らが脇を固める。

 撮影監督を務めるのは映画『ブエノスアイレス』『恋する惑星』で知られるクリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』で米アカデミー賞を受賞したワダエミ、音楽をアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが担当するなど、国際色豊かなスタッフが集結した。

 近代産業化とともに橋の建設が進む山あいの村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチ(柄本)は、村人たちが橋の完成を心待ちにする中、それでも黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前に現れた1人の少女(川島)。何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始める―。

 解禁された予告映像は、永瀬扮する村人が、トイチに向かって「あの船頭さんは、多くはしゃべらないが、実に人間らしい」という伝聞を話すシーンから始まる。そして、トイチがさまざまな客人のよもやま話に耳を傾けながら河の渡しをする様子が描かれる。だが、渡し舟を漕ぐようにゆったりと流れていく映像から一転、突然現れた少女、聞こえてくる“一家皆殺し”の話、凶器を持った男など、次第に不穏な空気が漂い始め、美しい映像に魅せられながらも、トイチに何かが起こることを予感させる予告編となっている。

 映画『ある船頭の話』は9月13日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介