『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』並みいる強豪を抑え初登場1位! 『ライオン・キング』は2位発進

映画
劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』
8月10日~11日全国映画動員ランキング1位:『ONE PIECE STAMPEDE』 (C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

 8月10~11日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』が、初週土日動員59万8000人、興収8億600万円をあげ初登場1位に輝いた。8月9日から12日までの4日間では動員125万人、興収16億円を突破。絶好調のオープニング興行を飾った。

 2位は、ディズニーアニメーション不朽の名作を超実写化した『ライオン・キング』が、初週土日動員49万7000人、興収7億2800万円をあげ初登場。初日からの累計では動員98万4000人、興収14億500万円と、こちらも大ヒットスタートとなった。

 公開4週目の『天気の子』は、順位を2つ下げて3位となったものの、この週末も動員46万8000人、興収6億4500万円という高水準の数字をマークした。累計では動員584万人、興収78億円を超え、歴代興収でも72位につけている。

 4位は、公開5週目を迎えた『トイ・ストーリー4』が、週末土日動員25万6000人、興収3億3300万円をあげランクイン。こちらも累計で動員604万人、興収78億円を突破し、歴代興収は『天気の子』に次ぐ73位につけている。

 5位は、先週2位から3ランクダウンしたものの、週末土日動員19万8000人、興収2億9200万円を記録した『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』がランクイン。累計では動員140万人、興収17億円に迫る数字を残している。

 既存作品では、公開3週目の6位『ペット2』が累計動員100万人、興収12億円、公開3週目の8位『アルキメデスの大戦』が、累計動員99万人、興収12億円、公開5週目の9位『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が累計動員194万人、興収23億円を突破している。

 また11位とトップ10は逃したが、公開10週目を迎えた『アラジン』は、累計興収116.7億円を突破し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を抜き、歴代興収22位となった。


 8月10日~11日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:ONE PIECE STAMPEDE
第2位:ライオン・キング
第3位:天気の子
第4位:トイ・ストーリー4
第5位:ワイルド・スピード/スーパーコンボ
第6位:ペット2
第7位:ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
第8位:アルキメデスの大戦
第9位:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION
第10位:劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介