横浜流星、飯豊まりえからの印象に「僕は壁ですか?」とツッコミ

映画
【本作品以外NG】映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会 20190812
映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会に出席した横浜流星と飯豊まりえ  クランクイン!

 俳優・横浜流星と女優・飯豊まりえが12日、都内で開催された映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会に出席。映画では初共演となった2人はお互いの印象を明かした。

 河野裕による同名の青春ミステリー小説を映像化した本作は、悲観的な高校1年生の主人公・七草(横浜)が、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺(飯豊)と再会したことを機に、島の謎や連続落書き事件に巻き込まれていく姿を活写する。

 横浜は、七草が悲観主義者で、真辺が理想主義者であることに関して、自分はどちらの考え方に近いか聞かれると「近いのは七草かなっていう感じですね。自分も感情をあまり表に出すタイプではないので、抑え込むタイプなので、そういうところは似ているかな」とコメント。同じ質問を受けた飯豊は「横浜さんは、私とは正反対」と言い、これに横浜も「真辺と七草の関係にすごく似ている」と同意。

 「(横浜さんとは)根本的に正反対です」と笑った飯豊は、自身が悲観主義ではないと思うとしたうえで「こう思えばこうなるって信じているタイプなので、目標を口に出すことは間違っていないと思う」と理想主義を肯定していた。

 映画では初共演となった横浜について、飯豊は「変な喩えですけど、何を投げても、きれいにぽーんて返してくる感じ?」と発言。これに横浜は「僕は壁ですか?」と返し、飯豊は「白い壁です」とニッコリ。「どこか絶対的に受け入れてくれるものがあるという、信じられる感じ」が、七草と真辺の関係性と同様にあるとしたうえで「(横浜さんは)何を迷っても、それを正しい道に導いてくれるなって、お芝居をしていて思いました」と信頼感をのぞかせていた。

 試写会には、共演の黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、 松本妃代、中村里帆、柳明菜監督、音楽担当の神前暁氏も登壇した。

 映画『いなくなれ、群青』は9月6日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介