カンヌ映画祭パルムドール受賞作『パラサイト 半地下の家族』公開決定

映画
映画『パラサイト 半地下の家族』
映画『パラサイト 半地下の家族』第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の様子 (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 第72回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の映画『PARASITE(英題)』が、邦題を『パラサイト 半地下の家族』として2020年1月に公開されることが決定した。

 本作は、『殺人の追憶』『母なる証明』『グエムル ‐漢江の怪物‐』などを手掛け、鋭い視点で社会を切り取り、ときに独自のユーモアを交えながら人間の内面をあぶり出してきたポン監督の最新作。相反する2つの家族を軸に、貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感など交え、第72回カンヌ国際映画祭において、クエンティン・タランティーノ監督やジム・ジャームッシュ監督らの話題作を抑え、韓国映画として史上初のパルムドール受賞に輝いた。カンヌでの熱狂をそのままに、韓国で動員1000万人突破、フランスでは150万人目前と、公開が始まった世界各国でも動員記録を塗り替える、爆発的な盛り上がりをみせている。

 主演を務めるのは、名優ソン・ガンホ。ポン監督とは『スノーピアサー』『グエムル ‐漢江の怪物‐』『殺人の追憶』に続く4度目のタッグとなる。そのほか『最後まで行く』『ソニはご機嫌ななめ』のイ・ソンギュン、『後宮の秘密』のチョ・ヨジョン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクらが脇を固める。

 全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れる。この相反する2つの家族の出会いにより、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していくのだが…。

 映画『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介