横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』本予告到着 Salyuの主題歌も初解禁

映画
映画『いなくなれ、群青』
映画『いなくなれ、群青』本ポスタービジュアル (C)河野裕/新潮社 (C)2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会

 俳優の横浜流星が主演を務め、共演に女優の飯豊まりえを迎える映画『いなくなれ、群青』より、主題歌のSalyu「僕らの出会った場所」を初披露する本予告映像が本ポスターとともに解禁された。

 本作は、河野裕による同名の青春ミステリー小説を、新鋭・柳明菜監督が実写映画化。主人公・七草(横浜)は「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な高校一年生。階段島と呼ばれる島での安定した学生生活を気に入っていたが、小学4年から中学2年まで一緒に過ごしていた少女・真辺由宇(飯豊)と再会したことで、島の謎や連続落書き事件に関わらざるを得なくなっていく。

 本予告は美しいバイオリンの音色に乗せ、七草(横浜)と真辺(飯豊)の詩的な独白から始まる。「僕たちは、ある日突然この島にやってきた。どうしてこの島にやってきたのか知る人はいない」と語る七草。「ここは捨てられた人たちの島です。この島は魔女に管理されています」と語る真辺。彼らが暮らす階段島の秘密が徐々に明らかになる中、島での平穏な生活を望む七草に対し、島の秘密を解き明かそうとする真辺の姿が映し出される。階段島を出るために必要な、それぞれが“失くしたものを見つけること”を諦め、日々を過ごす人々に疑問をぶつける真辺に、七草は「僕たちは本来一緒にいちゃいけないんだ」と言い放つ。

 後半で流れる主題歌「僕らの出会った場所」は、小林武史のプロデュースによる楽曲。Salyuの強く心に響く歌声で、階段島での七草たちの青春の物語を壮大に美しく彩る。それぞれが胸に突き刺さるような登場人物のせりふのひとつひとつ、そして、「やがて明かされる真相は、青春の残酷な現実を突きつける」という真辺の言葉の意味を考えずにはいられない映像となっている。

 本ポスターは、群青色の空を背景に、七草と真辺の憂いを帯びた表情が印象的なデザイン。「約束しよう。私たちは必ず、また出会うんだよ。」というキャッチコピーの意味が気になる仕上がりとなっている。

 映画『いなくなれ、群青』は9月6日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介