吉本・岡本社長、宮迫らの処分撤回 圧力は否定「冗談だった」

エンタメ
『龍が如く6 命の詩。』完成披露会20161207
宮迫博之(※写真は2016年頃)  クランクイン!

 吉本興業株式会社の岡本昭彦社長が22日、都内で記者会見を開き、闇営業問題で契約解除処分を下した雨上がり決死隊・宮迫博之について「つらいを思いをさせて申し訳ない」と謝罪するとともに、処分撤回の意向を表明した。

 20日、反社会的勢力の相手に闇営業を行ったとして所属事務所である吉本興業とのマネジメント契約解除が発表された宮迫と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号・田村亮が記者会見を開いた。会見では、2人が相手から金銭を受け取っていたとして吉本側に会見を開きたいと伝えた際、「静観です」と拒否されたほか、岡本社長からは「お前らテープ回してないよな」「(自分には)お前ら全員クビにする力ある」などと圧力をかけられたことなどを明かしていた。

 これを受け翌21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系/毎週日曜10時)は急きょ生放送となり、宮迫と田村の所属事務所の先輩・ダウンタウンの松本人志がこの件について、吉本側を「時代を読み間違えた会社」などと批判。自身の元マネージャーでもある岡本社長に早急に記者会見をするべきと主張していた。

 岡本社長は会見冒頭、深々と一礼し、「宮迫博之くんと田村亮くんに、ああいう記者会見をさせてしまったことに関しまして、深くお詫びをしたいと思います」と謝罪した。岡本社長は20日の会見を受け、処分の撤回を行い、2人とのミーティングのほか、復帰に向けてサポートしていくと表明。また、問題の発端となった闇営業問題については、コンプライアンスの徹底と、「芸人・タレントファースト」の環境づくりを掲げた。さらに今回の問題の責任をとり、自身と大崎洋会長の1年間の減俸50%の処分を明かした。

 また岡本社長は、宮迫らとの会合で発したとされる「お前らテープ回してないよな」というと圧力ともとれる発言について、「冗談でテープ録ってんちゃうの? と言ったら全く受け入れられず」と釈明。「お前ら全員クビにする力ある」と言ったとされる件について、圧力をかけたのかと聞かれると「僕自身はそういう意識は全くない」と否定した。
 
 さらに自身の進退について「僕自身がどこまで変われるかが大きな問題。まず自分自身を変えていこうと思っております」と否定した。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介