武田真治、“筋肉キャラ”生みの親・蜷川実花監督との知られざる縁

映画
『Diner ダイナー』武田真治インタビュー
武田真治、映画『Diner ダイナー』インタビューフォト  クランクイン!

 NHKで放送された『みんなで筋肉体操』に出演して以降、“筋肉キャラ”としてもブレイクしている武田真治。映画『Diner ダイナー』では、美しい体を見せつけ、筋肉自慢の荒くれ者という強烈キャラの殺し屋を演じている。ストイックに体を作り上げるその原動力はどこにあるのか。武田の生き方、そして役者としての思いを聞いた。

 本作は、平山夢明の小説『ダイナー』を藤原竜也主演、蜷川実花監督で実写化した作品。極上の料理目当てに殺し屋が集まる食堂(ダイナー)を舞台に、平凡な女・カナコ(玉城ティナ)がウェイトレスとしてやってきたその日から始まる殺し合いゲームを描く。

 武田は本作で仲間たちとバカ騒ぎを繰り広げる、酒と女が大好きな殺し屋・ブロを演じている。目の周りを真っ黒くメイクし、胸には大きなタトゥー、なぜか上半身裸と、ビジュアルからしてインパクト抜群のキャラクターだが、武田は「この扮装は楽しかった」と笑顔を見せる。

 しかし、一方で出演シーン全編にわたって見せつけた裸体については、「全然なんです、僕は。筋肉キャラと言われているけど申し訳ないぐらいで」と謙虚。実は本作は『筋肉体操』以前に撮影されたものだそうで、現在の肉体を作り上げる前の体が映っているのだと武田は言う。

 「蜷川実花さんが5年前に『月刊MEN 武田真治』という写真集を作ってくださったんです。それをきっかけにして、僕自身、自分の肉体の仕上がりを隠さないようになってきました。それで、少しずつ人に知っていただけるようになって、自分の本も出せて、『筋肉体操』にもつながった。実花さんの写真集がきっかけで知っていただいた部分が大きいので、実花さんの現場では何でもしようと思っていて、今回の出演も決めました」。

 本作出演にあたっては、特別な筋肉トレーニングは行っていないというが、それでも美しい筋肉のついた体は健在。武田に普段のトレーニングについて聞くと、「ベンチプレスだけです」。そして、最近では、有酸素運動のための時間もなかなか作れないと嘆くが、「2000年代に入ってからは、週に2日1回15キロを基本として、1ヵ月で100キロを18年は続けてきた」とストイックさは健全だ。

 ところで、蜷川監督といえば、色彩豊かな世界観の作品で広く知られている。本作においても、蜷川実花の世界観が全編に渡って作品を彩っている。武田は「映像の監督は、つながりや編集することを考えて、役者の演技にリミットをかけてしまうケースが多いんですが、蜷川監督はそれがない。『カメラの向きを変えて同じ芝居をして』ではなくて、『違うことをして』っていうんです。それって、できるようでなかなかできないこと」と改めて蜷川の監督としての手腕を絶賛する。

 「『ファイトクラブ』が好きな人にはぜひおすすめしたい作品です。観ている間は意味が分からなくても、後からじわじわと、その意味を体の中から見つけ出していくことができると思う。文学的でメッセージ性も強い。日本映画の一つの新しい基準になるのかなと思います」。

 武田の弾けた演技が炸裂する本作。蜷川監督が描き出す極彩色の殺し合いは必見だ。(取材・文・写真:嶋田真己)

 映画『Diner ダイナー』は7月5日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介