堀未央奈が一人3役 『ホットギミック』山戸結希監督によるショート映像公開

映画
映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
山戸結希×堀未央奈、日本映画専門チャンネルステーションIDより (C)日本映画専門チャンネル

 乃木坂46・堀未央奈が映画初出演&初主演を務める山戸結希監督作『ホットギミック ガールミーツボーイ』の公開を記念し、日本映画専門チャンネルでは山戸監督の作品を7月6日に特集放送。さらに、放送を記念して山戸監督が堀を起用し、日本映画専門チャンネルのステーションIDとして特別映像を製作した。透明感あふれる堀未央奈の素の表情が楽しめる映像となっている。

 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、累計販売部数450万部を超える相原実貴の漫画『ホットギミック』を、映画『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』の山戸結希監督のメガホンで実写映画化したラブストーリー。主人公の成田初には映画初出演にして初主演となる乃木坂46の堀。さらに、初に恋心を抱く3人の男性陣には、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗がキャスティングされている。

 ステーションIDの特別映像のタイトルは「映画の女の子、の依拠する三角関係に差し当たって」。堀が映画を見る女の子・白子、映画を撮る女の子・黒子、映画で演じる女の子・三子の3役を演じ分け、映画にまつわる三者の物語を描き出す。

 映像は第一幕、第二幕、第三幕、最終章の4パートで構成。第一幕「白子と三子」では、映画館にいる大人しい雰囲気の白子が、スクリーン越しに自信に満ちた表情の三子と、お互いに「あなたって変わってる」と会話を繰り広げる。第二幕「三子と黒子」では、撮影中の黒子と三子が、演技や演出についてお互い一歩もひかず意見をぶつけあう。

 第三幕「黒子と白子」では、黒子と白子が、映画の作り手と観客というそれぞれの立場から、お互いに感謝の言葉を交わす。最終章「白子と三子と黒子」では、3人それぞれが「あなたに会いたい」と走り出していく。そして最後は、黒子に扮した堀がカチンコを持って「カット!」と言った後、周囲のスタッフから上着を着せられ花束を渡された後、カメラをまっすぐ見つめる姿で終了。少女の繊細な心情を描き続けてきた山戸監督の世界観を存分に味わえる、深い余韻を残す作品となっている。

 ステーションID「映画の女の子、の依拠する三角関係に差し当たって」は、日本映画専門チャンネル公式ツイッターにて6月20日17時より第一幕・二幕・三幕・最終幕を配信。撮影時の舞台裏も盛り込んだ特別篇は、日本映画専門チャンネル(BS255)にて6月21日より放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介