『全員死刑』小林勇貴監督がカルト作『片腕マシンガール』をリブート 北原里英ら出演

映画
映画『爆裂魔神少女バーストマシンガール』
映画『爆裂魔神少女バーストマシンガール』メインビジュアル (C)2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

 映画『全員死刑』の小林勇貴監督が伝説的カルト・ムービー『片腕マシンガール』をリブートさせた『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』の今秋公開が決定。海外版逆輸入予告編とメインカットも公開された。

 本作は、たった一人の弟を殺された女子高生の壮絶な復讐劇を描き、日本を飛び出してアメリカでもヒットした井口昇監督のカルト作『片腕マシンガール』(2008年公開)を基に、まったく新しいストーリーと世界観で描くクレイジー・パンク・バイオレンス・アクション。異形の者が跋扈(ばっこ)する無法地帯を舞台に、片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”が血みどろの戦いを展開していく。

 近未来の日本に存在するスラム街・イシナリ地区では、臓器売買の元締めダルマ屋が当地を支配し、貧乏人は肉体を切り売りしながら、何とか食いぶちを稼いでいる。幼い頃、親に身体を売られた姉妹のアミとヨシエは、ゴダイ一座の見世物小屋でアイドルとして舞台に立ちつつ、助け合って生きていた。そんなある日、ヨシエは臓器売買の現場で、失った片腕に装着したマシンガン義手でダルマ屋の女ボス・青山ダルマの息子カルマを半殺しにする。だが、激怒したダルマによって、ヨシエはダルマ屋に囚われる。アミは救出に駆けつけるが、ダルマ一味に捕まり、片腕を切断されてしまう。ダルマはゴダイ一座を皆殺しにするため、「殺し屋協会ランキング1位」の橘キキョウを送り込む。

 ドラマ『下町ロケット』(TBS系)や『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演した搗宮姫奈がアミ役を、特撮ドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』のチャッキー役で女優デビューを果たした花影香音がヨシエ役を務める。2018年にAKB48グループを卒業し、女優として現在活躍中の北原が殺し屋の橘キキョウに扮するほか、ベテラン女優の根岸季衣が悪の元締めとなる青山ダルマ役を担当する。またアクション俳優の坂口拓が本作のアクション監督を務め、アウトローの殺し屋マツカタ役としても出演する。

 プロデューサーは映画『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の千葉善紀と、『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』の特殊造形を務め、監督としても活躍する西村喜廣が務める。

 本作が初主演作となる搗宮は、「関わっていただいたスタッフ、共演者の皆と最高のアクション映画を作れて私自身、心から幸せです」と、自身の思いを吐露。もう一人の主演を果たす花影は、「この映画は控えめに言って、アクションありパンチラありの仏恥義理極上エンターテイメントになってます! You should watch this! See you in the theater!」と、英語を交えて本作を推薦。

 北原は「試写で初めて観たときの衝撃が今でも忘れられません。キャスト全員最高でした! みなさんにも早くその衝撃を味わっていただきたいです」とコメント。小林監督は「頭の先からつま先まで““““面白い””””を追求した映画です」と、本作の出来に自信をのぞかせている。

 解禁された海外版逆輸入予告編では、片腕がマシンガン化したアミが「お控えなすって!」と口上を始める最中、片腕を長刀化したヨシエが大人数と対峙する姿、拳を突き出してくるダルマの恐ろしい形相、着物姿のキキョウが銃を構えるや、銃口から巨大なドラゴンがこちらに向かって飛び出す様子などが捉えられている。

 映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』は今秋公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介