山崎賢人×新田真剣佑×永野芽郁の三角関係の行方は…『二ノ国』キャラ映像解禁

ゲーム・アニメ
『二ノ国』キャラクター
『二ノ国』のメインキャラクター(上段左より)山崎賢人演じるユウ、新田真剣佑演じるハル、(下段左より)永野芽郁演じるコトナ、アーシャ姫 (C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

 『妖怪ウォッチ』『レイトン教授』シリーズなどを手がけたレベルファイブCEOの日野晃博が製作総指揮を執るアニメーション映画『二ノ国』より、山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁がそれぞれ声優を務める主要キャラクターの紹介映像が解禁となった。

 『二ノ国』は、レベルファイブ発売のRPGゲームで、スタジオ・ジブリが制作協力、久石譲が音楽を担当した。映画化に当たり、日野が原案と脚本を担当し、『おもひでぽろぽろ』などの原画を務めた百瀬義行が監督を、久石がゲームに続いて音楽を手がけている。山崎らの他、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった人気声優陣も参加している。

 冷静沈着で車椅子のユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこには、現実世界の住人と同じ顔を持ち、命がつながっている人間たちがいた。やがて、両方の世界のコトナに命の危険が迫る中、2人は「究極の選択」を迫られる…。

 公開された3本の映像では、ユウ、ハル、コトナ/アーシャ姫それぞれのキャラクター紹介が、声優を担当する山崎、新田、永野のナレーションで展開される。コトナに思いを寄せていたが、二ノ国で出会ったアーシャ姫に惹かれてしまうユウ。明るい人気者で、何に代えてもコトナを守りたいハル。そしてアーシャ姫と表裏一体の存在であるコトナ。複雑な三角関係と、“一ノ国”と“二ノ国”をまたにかけたドラマチックな冒険の一部が映し出されている。

 アニメーション映画『二ノ国』は8月23日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介