『引っ越し大名!』野村萬斎が劇中の合唱曲振付&立川志らくが本編ナレーションを担当

映画
映画『引っ越し大名!』
映画『引っ越し大名!』(左から)振付を担当する野村萬斎と本編ナレーション担当の立川志らく (C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

 俳優の星野源が主演を務め、共演に高橋一生と高畑充希を迎える映画『引っ越し大名!』より、劇中で出演キャストたちが合唱する映画オリジナル曲『引っ越し唄』の振り付けを狂言師・野村萬斎が担当することが決定。さらに、マルチに活躍する落語家の立川志らくが本編のナレーションを務めることがわかった。

 本作は、映画『のぼうの城』を手がけた犬童一心監督が、土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』(ハルキ文庫刊)を実写化。参勤交代をはるかに上回る費用と労力のかかる国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、姫路藩の藩士たちがお国の一大事を救うために奮闘する様を描く。

 星野は、周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きな書庫番で引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介を演じる。春之介の幼なじみであり武芸の達人・鷹村源右衛門には高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を高畑がそれぞれ務めるほか、及川光博、濱田岳、小澤征悦、西村まさ彦、松重豊ら俳優陣が集結する。

 犬童監督がメガホンをとった『のぼうの城』でも主演を務めた野村は、「振付を担当するに当たって、犬童監督から最初に頂いたお題は、素振りの練習、引っ越し、歌の3つ。これらをミックスしたものを作ってほしいというものでした。素振りは本来、一人でするものですが、あれこれと思案していく中で下ネタも頭の中をよぎりつつ、最終的に素振りしながら2人で荷物を運ぶということになりました(笑)」と語った。

 本編のナレーションを担当する志らくは、「『ふざけた中に真実が時折転がっている』。これは私の持論。落語という江戸の世から300年ふざけ続けてきた娯楽の中に身を置いているからこそわかる事だ。現代において時代劇は思いっきりふざけた所から真実を探すのが一番正しいのかも知れない。その答えが『引っ越し大名』である。この作品の中に大名の、いや、人間の生活する事の真実、つまり答えが入っているに違いない」とコメントを寄せている。

 映画『引っ越し大名!』は8月30日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介