『さよなら、退屈なレオニー』カレル・トレンブレイ、17歳“こじらせ女子”役に込めた思い

映画
映画『さよなら、退屈なレオニー』
映画『さよなら、退屈なレオニー』 レオニーを演じたカレル・トレンブレイ

 第31回東京国際映画祭(TIFF)のユース部門で注目された映画『さよなら、退屈なレオニー』(同映画祭では『蛍はいなくなった』のタイトルで上映)で、新人賞に当たるジェムストーン賞を受賞した主演女優のカレル・トレンブレイ。カナダ・ケベック州の海辺の田舎町で退屈な毎日を送る女子高生レオニーの複雑な心情をリアルに演じたカレルが、映画の背景にあるケベック事情を踏まえながら、本作に込めた思いを語った。

 『レディ・バード』『スウィート17モンスター』など、“こじらせ女子”を主人公にした映画が話題を集めるなか、新鋭セバスチャン・ピロット監督がメガホンをとった本作は、夢を見つけられない17歳の女子高生のひと夏の成長をつづった青春ドラマ。海辺の田舎町で暮らすレオニー(カレル)は、高校卒業を1ヵ月後に控え、「退屈な町を飛び出したい」と思っているが、自分が何をしたいのかも分からない。口うるさい母親、スカしたその再婚相手は大嫌い。離れて暮らす実の父は頼りになるけれど恋人ではない。そんなある日、レオニーは年上のミュージシャン、スティーヴと出会う。

 2018年、東京国際映画祭の授賞式で初めて日本を訪れたというカレル。「8日間滞在したのですが、映画祭は授賞式の1日のみ。あとはいろんな名所を回ったり、おいしいものを食べたり、ゆっくりと満喫することができました。日本の方々は皆さん穏やかで礼儀正しいし、町の外観も美しく、ファッションもおしゃれ」と、日本にゾッコンの様子。ジェムストーン賞を受賞した本作への思い入れも強く、「運よく私は早くに夢を見つけられましたが、レオニーはなかなか夢が見つからない。私にとっては未経験の感情だったので、とても演じがいがありました」と振り返る。

 ピロット監督は「本作は、青春ドラマの形式をとりながら、今のケベックのポートレイトを描いている」と語っているが、カレルも同意する。「少し前までは、結婚しなくてもいい、家族を持たなくてもいい、という風潮があり、離婚する夫婦も多かった。そういったことで子どもの心が不安定になってしまうことも」と、ケベックの社会的背景を指摘する。

 さらに、「田舎へ行くと、自分のやりたいことすら見つけられないのが現状。レオニーの母親のように、再婚して、新しい家族としてリスタートする、というケースもありますが、子どもの人生はまた別問題。朝帰りして、義父に説教されたレオニーが『あなたのことが大嫌い!』ってキレるシーンがありますが、あの感情のすれ違いこそ、今抱えている問題ですよね」。

 寛容な実の父と口うるさい義理の父、対照的な2人の父親との関係性も面白いが、ダイナーで出会った中年男スティーヴとの関係性もとても気になる。「自分の身の丈以上の夢を描き、結局、何も前に進まないレオニーはとてもシニカル。そんなときに、中年ミュージシャンのスティーヴと出会うわけですが、彼は夢も野望もなく、幸せなのか、不幸せなのか、自分でも分からない。『別になんでもいいや』という生き方が、周囲と完全にずれている」とカレルは指摘する。

 夢を持ちたいと焦るレオニーが、なぜスティーヴに興味を持ったのか。ただ単にギターに関心があったのか? それとも彼とバンドでも作ろうと思ったのか? 「映画を観ている方は、恋愛関係を期待するかもしれませんが、彼女はぜんぜんそんな感情は抱いていない。もちろん、彼らの絆は強く、愛情もあるとは思いますが、恋愛とはちょっと違う。強いて言えば、2人の対照的な父親のちょうど中間にいる存在、もしかすると、『心のバランス』を彼によって保っているのかもしれません。そのあいまいさがこの映画の面白さでもあるんですよね」。

 そういえば劇中、レオニーが突然、バスに乗るシーンが2ヵ所出てくる。1つは「現実からの逃避」、もう1つは「新たな旅立ち」を想起させた。だが、これに対してカレルは、「それも真意は分からない。もしかすると、ただ家に帰りたかっただけかも?」とニッコリ笑う。世界共通、こじらせ女子は、いろんな意味でミステリアスだ。(取材・文:坂田正樹)

 映画『さよなら、退屈なレオニー』は全国順次公開中。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介