『アラジン』、『美女と野獣』超えの大ヒットスタート! 早くもリピーター続出

映画
アラジン
『アラジン』初登場No.1! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 先週6月7日より公開された映画『アラジン』。金曜初日を含めた3日間で動員数約96万人、週末興行収入約14億円(13億9600万円)を記録し、週末興行成績ランキング初登場1位の大ヒットスタートを切った。

 自らの人生を変えたいと願う貧しくも清い心を持つ青年アラジンと、自らの意志で人生を切り開きたいと願う王女ジャスミンとの身分違いの恋、そして、自らもある願いを秘めているランプの魔人ジーニーと“3つの願いを叶える”魔法のランプを巡る大冒険を描く本作。

 6月7日から9日までの3日間で記録した動員数約96万人、興行収入約14億円という数字は、最終興行収入124億円をたたき出し、記録的な大ヒットとなった『美女と野獣』(17)のオープニング3日間の成績(動員:95万1468人、興行収入:13億7910万円)を超える爆発的なスタートとなっている。

 客層はやや女性寄りながらも、劇場スタッフが「これだけ万遍の無い客層は珍しい」とコメントするほど幅広い層が来場しているという。

 SNS上では「自分がアグラバーにいるように感じられる映像美」「パレードのシーンは圧巻」「期待以上の出来で最高だった!」などのコメントが投稿されておりその満足度の高さがうかがえる。

 さらに、公開初週にも関わらず字幕版とプレミアム吹替版両方を既に見たという声も多く、また、IMAXや4Dといった上映形式にも多くの観客が集まっている。

 今後どこまで数字を伸ばすのか。大きな期待がかかる。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介