今田美桜、岡田健史主演『博多弁』ドラマに本人役で出演 Hulu配信も決定

エンタメ
【FBS】開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』
ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する今田美桜 (C)FBS福岡放送

 俳優の岡田健史が初主演を務め、FBS福岡放送にて7月19日に放送されるFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』のスペシャルキャストとして、福岡出身の女優・今田美桜が本人役で出演することが発表された。また、本作が全国の視聴者向けに動画配信サービスHuluにて配信されることも決まった。

 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化したラブコメディー。東京で暮らす男子高校生・東京(あずま・みやこ)が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃(はかたの)どん子と再会し、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく姿を描く。主人公の京を岡田、ヒロイン・どん子を女優の福田愛依が演じるのをはじめ、福岡出身のキャストが集結している。

 小学生の時に博多から東京に引っ越してきた東京(岡田)は、博多弁を笑われて以来、人と距離を置いて過ごしていた。そんな彼の高校に、幼なじみの博多乃どん子(福田)が転校してくる。目立たず平穏無事に過ごしたいのに、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に、ペースを乱されまくる京。気付けばクラスは博多グッズにまみれ、担任の内藤先生(光石研)も容認する始末。クラスメイトも親も、皆がどん子の味方。どん子のやりたい放題に、ついに爆発する京だったが、実はどん子はある思いを抱えており…。

 今田がどんな登場の仕方をするかは、まだ明かされていない。今田は「すごくなじみのある放送局なので、関わることができてうれしいです。岡田健史さんをはじめ福岡出身の出演者の方々がたくさん出ているこの作品に出演させて頂ける事がとても光栄です。今回、本人役という初めての経験をさせて頂けて嬉しかったです。福岡の事がたくさん詰まったお話です」とコメントを寄せている。

 ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。放送終了後から動画配信サービスHuluにて配信。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介