毒づくレオ様&ブラピの肉体美『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』最新予告

映画
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』場面写真

 俳優のレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2大スターが初共演するクエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』より、最新予告が解禁。同予告は、本作が第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、現地時間21日にワールドプレミアとして世界初お披露目されたのと同時に解禁されたもので、秘密のヴェールに包まれていたストーリーが垣間見見られるものとなっている。

 タランティーノの9作目の長編監督作となる本作は、1969年の米ロサンゼルスを舞台に、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を描く作品。同監督が製作・脚本も担当し、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆した。

 レオナルドは、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン、ブラッドは長年リックのスタントマンを務めているクリフ・ブースを演じる。また、当時新人女優として人気上り調子だったシャロン・テート役を務めるマーゴット・ロビーのほか、アル・パチーノ、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、今年3月に急逝した『ビバリーヒルズ高校白書』のルーク・ペリーら豪華キャストが脇を固める。

 最新予告は、リックとクリフがアル・パチーノ扮する映画界の大物感を漂わすシュワルツにバーで会うシーンからスタート。その後はタランティーノがこだわりぬいて再現した1969年当時のハリウッドの色彩や音楽に乗せて、リックとクリフが活躍する姿がユーモラスに描かれていく。その中では、リックが映画撮影中、演技がうまくいかずトレーラーの中で毒づくシーンなど映画界での生き残りを賭けて苦戦している様子や、スタントマンとして軽口をたたきながらも彼を励ますクリフとの友情も垣間見られる。

 そのほか、50代とは思えないブラッドの肉体美が披露されるクリフとブルース・リーのアクションシーン、当時の実在の映画のポスターやパロディなど、映画ファンを喜ばせるシーンも盛りだくさん。そして、マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートは「私はシャロン・テート」と名乗り、後に悲劇に見舞われることなど予想できないはつらつとした姿を見せている。最後は「この街では─何もかもが一瞬で変わってしまう」という、ハリウッドの光と影を暗示しているかのよう意味深なリックのセリフに続き、クリフがリックに向かって「お前はリック・ダルトン様だろ?忘れんな」と語りかける姿で映像は幕を閉じる。

 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介