鬼才ジム・ジャームッシュ、3年ぶり新作はゾンビ映画 2020年春公開

映画
『The Dead Don’t Die(原題)』
『The Dead Don’t Die(原題)』ビジュアル Credit : Abbot Genser / Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.

 鬼才ジム・ジャームッシュ監督がゾンビ映画を手掛けた最新作『The Dead Don’t Die(原題)』が、来年春に日本公開されることが決定。本作は、5月14日から開催される第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として、またコンペティション部門作品として上映される。

 2016年に2作同時発表された『パターソン』と『ギミー・デンジャー』以来、3年ぶりの新作となる本作。キャストには、『パターソン』に続いての出演となるアダム・ドライバー、3度目のタッグとなるビル・マーレイほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、イギー・ポップ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズら、ジャームッシュ作品の常連組から注目の若手まで、オールキャストの組み合わせとなっている。

 アメリカの田舎町センターヴィルにある、3人だけの警察署で働くロバートソン保安官(ビル)とピーターソン保安官代理(アダム)は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていた。しかし、突如、街にゾンビが出現しだし、思わぬ事態に巻き込まれていく…。

 前作に続き主演に抜てきされたアダムと、常連組みのビルとの、オフビートなバディ感にも注目が集まる本作。これまで『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)がカメラドール(新人監督賞)、『コーヒー&シガレッツ』(2003)が短編部門のパルムドールを受賞するなど、カンヌ国際映画祭の常連であるジャームッシュ監督が、ゾンビ映画を引っさげ、ついにパルムドール受賞を果たすのかも楽しみだ。

 映画『The Dead Don’t Die(原題)』は2020年春に全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介