想像を絶する恐怖の連続…『IT/イット』完結編、US版予告解禁

映画
『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』US版ポスター (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC‐DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 スティーヴン・キング原作の大ヒットホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』より、US版予告が解禁。1作目で子どもだった登場人物の27年後を演じるジェームズ・マカヴォイやジェシカ・チャスティンら豪華キャストが、“IT(それ)”の恐怖に立ち向かっていく姿が収められている。

 本作は、2017年に公開された1作目から27年後が舞台。次々と子どもたちが消える連続児童失踪事件が再び発生し、「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という不穏なメッセージが、幼い頃に“IT”と呼んでいた不気味な殺人ピエロ=ペニーワイズの恐怖を味わった幼なじみの男女7人組「ルーザーズ・クラブ」の仲間たちに届く。彼らは「再び“それ” が現れたら僕たちも戻る」と誓った27年前の約束を守るため、故郷デリーに戻り、再びペニーワイズと対峙する。

 US版予告は、生まれ育ったデリーにベバリー(ジェシカ)が戻ってくるシーンからスタート。ベバリーがかつて住んでいた家を訪ねると、見知らぬ老婆が現れて恐怖の展開に。途中で“それ”の起源を匂わせる「THE GREAT PENNYWISE」と記載された古い写真も映し出されている。

 次いで登場するのは、27年ぶりに、荒れ果てたデリーの町に再集結した“ルーザーズ・クラブ”の面々。人の最大のトラウマを巧みに利用し、肉体的・精神的に追い込んでいくピエロの姿をした“それ” が、彼らに襲いかかっていく。

 下水溝から黄色い雨合羽の少年(亡くなった弟ジョージ)のような姿を装ってビル(ジェームズ)を手招きしたり、赤い風船で空中散歩する様子、壁から飛び出したり、顔がただれて崩れていく“それ” の姿が次々に出現。ほかにも夜の遊園地、血の海、洞窟での捜索といったさまざまな場面が登場する。

 ラストでは、暗闇から白い手袋を身につけた手がスッと出現し、“それ” の顔が浮かび上がると「ハロー♪」とあいさつ。見る側をあざ笑うかのような不気味な声が響いて幕を閉じる。

 本作について、原作者のスティーヴン・キングは「完結編は楽しみかい? “それ”を観たが、前作より遙かに素晴らしい」とその内容に絶賛のコメントを寄せている。

 映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は11月1日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介