平成のバラエティーで大躍進! 「バラドル」の歴史を振り返る

エンタメ
平成のバラエティーで大躍進! 「バラドル」の歴史を振り返る
平成のバラエティー番組を彩った(左から)松本明子、森口博子、矢口真里、指原莉乃  クランクイン!

 平成の芸能史を語るうえで外せないのが、アイドル出身でおもにバラエティー番組で頭角を現したバラドル(バラエティーアイドル)たちの存在だ。時代の流れにつれ、求められる役割が変化しつつも、それぞれの個性やキャラクターで輝き続けた彼女たちについて振り返ってみよう。

 70年代~80年代前半の芸能界ではアイドルがお笑いやコント番組などに出演しても、台本通りに「アイドルがコントに出てがんばっている」体で演じられた。それが80年代中盤以降はタレントの生のリアクションや想定外の無茶ぶりから引き出される素の表情などが笑いを取るようになり、バラドル誕生へとつながった。同時に正統派アイドルというジャンルが低調となったことも、アイドルが活躍の場をバラエティーに移していく要因の一つとなった。

 バラドルの走りといえる存在は、80年代後半、昭和の終わりごろにブレイクした山瀬まみ、井森美幸、森口博子、松本明子あたりといえるだろう。いずれもアイドル歌手としてデビュー後、歌よりバラエティー番組で重用されるようになったタレントたちだ。

 アイドルの登竜門「ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、86年3月に松任谷由実作曲(呉田軽穂名義)のシングル「メロンのためいき」で歌手デビューを飾った山瀬は歌唱力にも定評があったが、同年10月に『テレビ探偵団』(TBS)のレギュラー出演をきっかけにバラエティーで頭角を現した。平成元年の89年には『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)のレギュラーとなる。個性を発揮して三枚目的リアクションのできるところがバラエティーとの親和性を生んだ。その後は、『ブロードキャスター』(TBS)での「お父さんのためのワイドショー講座」などの担当を経て、現在も『新婚さんいらっしゃい!』(ABC・テレビ朝日)『天才!志村どうぶつ園』『火曜サプライズ』(いずれも日本テレビ)など第一線での活躍を続けている。

 山瀬と前後して井森や森口、以前から深夜番組などでの過激発言で物議を醸していた松本らもバラエティーとフィットし、バラドルの先駆け的存在となった。井森は『郁恵・井森のお料理BAN!BAN!』(フジテレビ)『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(日本テレビ)、森口は『クイズ!年の差なんて』『夢がMORIMORI』(いずれもフジテレビ)、松本は『DAISUKI!』『進め!電波少年』(いずれも日本テレビ)などで長年にわたり活躍を見せた。


 90年にアイドルグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)のメンバーとしてデビューした篠原涼子は、バラドルを経て女優として花を咲かせた成功例だ。91年12月から『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)に出演、体当たりでさまざまなコントやコーナーに挑戦するバラドル的な姿が人気を呼んだ。その後、94年に小室哲哉プロデュースによるシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」がヒットし歌手として成功をおさめるが、94年9月にTPDを卒業すると今度は女優として人気を獲得していった。

 このように平成に入ってバラエティー番組がジャンルを超えてさまざまな芸能人、タレントの飛躍の場となってきた印象があるが、アイドル自体がバラエティーというジャンルを飲み込んでしまったのが90年代の終わりから2000年代にかけて黄金期を築いた女性グループ、モーニング娘。ではないだろうか。

 デビュー前のオーディション時から『ASAYAN』(テレビ東京)を通じ各メンバーに密着、悲喜こもごものドキュメンタリーで感情移入させるモーニング娘。の手法はバラエティーとも親和性が良かった。ナインティナインを中心とした『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ)や、石橋貴明(とんねるず)と中居正広がMCを務めた『うたばん』(TBS)などでもバラエティーに積極的にチャレンジ。自身の冠番組『ハロー!モーニング。』(テレビ東京)も随所にトークやコントなどを盛り込んだ。モーニング娘。自体はバラドルではないが、アイドルがバラエティーを自分たちの一部として飲み込んだといえるだろう。矢口真里、保田圭をはじめ、グループ卒業後もOGはそれぞれ活躍を見せている。

 そして2005年12月に登場したAKB48以降のグループアイドルたちも、多数のバラエティー番組でレギュラー番組を持つ指原莉乃をはじめ多かれ少なかれバラエティー要素を活動の中に取り入れることで人気獲得の手段の一つとしている。現在、アイドル界のトップランナーともいえる坂道グループの乃木坂46や欅坂46などもバラエティーで見せる素の表情がファンに親近感を持たせ、コンサートやイベントの動員につながっている。

 アイドルが本職そのままにバラエティーを活動の一環として取り入れてしまった現在、バラドルの役割はアイドルに吸収されていったとみていいだろう。「令和」の時代になり、この流れがどう続いていくのか注目したい。(文:奥住真)

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介