大政絢、 濃厚ラブシーンに挑戦 “肉食系”演じるも自身は「守りに入るタイプ」

エンタメ
『ミストレス~女たちの秘密~』に出演する大政絢
『ミストレス~女たちの秘密~』に出演する大政絢  クランクイン!

 NHKドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』で、恋多き奔放な生活を送りながらも、ある女性に恋をしてしまうという難しい役柄を演じている大政絢。放送された第3話では女性とのキスも見せるなど、濃密なラブシーンにも挑戦している。そんな彼女が、本作にかける思いと、自身の恋愛観について語った。

 本作は各国でリメイクされ、人気を博したイギリスのヒットドラマ『Mistresses』を原作に、偶然の出会いで親友となった4人の女性たちが“幸せな愛”を追い求める姿を描く。不倫関係にあった恋人の死が心の重荷になっている香織(長谷川京子)、海外で夫が行方不明となり、シングルマザーとして子どもを育てる友美(水野美紀)、子どもを欲しがる夫と心がすれ違ってゆくキャリアウーマン・冴子(玄理)と、それぞれに事情を抱えた女性たち。大政が演じる樹里は、篠田麻里子演じる、結婚を控えたレズビアン女性・玲と知り合い、人生初の純粋な愛に目覚めてしまう…という役柄だ。

 大政は役づくりのため、肩まであったロングヘアをバッサリと20cm以上カット。ショートボブの新しい姿を見せた。

 「こんなに短く切ったのは中学生ぶりです。キャラ的にもサバサバして見えるし、切ったほうがいいんじゃないかと思っていて、衣装合わせのときに相談しました。樹里の衣装って、ちょっと奇抜な物が多いんです(笑)。それにはショートの方が合っているような気がして。今までにない感覚なので楽しいし、こういう挑戦ができたのも今回のドラマがあったからこそですね」とほほ笑む。

 樹里はジムトレーナーとして働いてはいるものの、実はお金持ちのお嬢様で何不自由ない生活を送っている。恋愛も、自分の好みの男性には積極的にアプローチをかけ、複数人同時交際もいとわない“肉食系”。

 「お話を頂いたときは、今まで演じたことがないような役柄だったので『自分の中の殻が破れそうだな』というのを感じました。職業がジムトレーナーだったり、下着のシーンもあったりで、露出がわりと多くて。そこは最初不安もあったんですけど(笑)。だからクランクイン前からボディメイクも頑張りました」。

 そう、樹里の登場場面には大胆なシーンが盛りだくさん。今回は濃厚なラブシーンもあり、しかも相手は“女性”だ。

 「こういうラブシーンの相手が女性で良かったな、ってすごく感じてるんですよ。女性だからこそ『こっちの方がキレイに見えるね』『女性ってこう考えるよね』というのが共有できるというか。そういうセッションができるのは、ありがたいなと思います」。

 挑戦も多いが、それでもこの役に惹(ひ)かれたのは“樹里”という役が魅力的だから、という。

 「普通の人が樹里みたいな行動をしたとすると、多分嫌われます(笑)。でもあっけらかんと隠さずに言っているし、しかもとてもかわいらしくて、そこが樹里の魅力。あと、恋愛に関しては奔放に見えて、実は4人の中で“一番何も知らない”のも樹里なんです。無垢(むく)な部分があるから、恋に落ちたらどうすればいいかわからなかったり。そういうもどかしさが回を追うごとに出てくるんじゃないかなと。1話から10話までどんどん変わる姿が見れるのかな、と思います」。

 ちなみに大政自身に樹里のような肉食系の素質は…と尋ねると、「自分自身にはないので、逆に演じていて面白いです」とのこと。

 「やはりこういう仕事をしているからなのか、恋愛や人付き合いに関しては、つい守りに入っちゃうタイプなんですよね。すぐ仲良くなったりとか、なかなかできないので、樹里がうらやましいです。男性側からしたら、樹里みたいな女子ってすごく楽なんじゃないですか? 私の場合、何かあるとガードを張っちゃいがちなので」。

 撮影に入ると、どうしても仕事第一になる。かといってプライベートが疎かになるから寂しく感じるわけでもない。今はとてもいい感じで集中できているかも、と笑う彼女。その表情からも、彼女自身がこの作品で行っている“挑戦”に、手応えを感じているのが伝わってくるよう。この先も彼女の新しい姿を見ることができるはずだ。(取材・文:川口有紀 写真:高野広美)

 ドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』はNHK総合にて毎週金曜22時より放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介