窪田正孝主演×三池崇史監督初のラブストーリー『初恋』公開決定

映画
『初恋』
『初恋』に主演する窪田正孝 (C)2020「初恋」製作委員会

 俳優の窪田正孝が、映画『悪の教典』『ラプラスの魔女』の三池崇史監督の初のラブストーリー映画『初恋』に主演することが分かった。併せて、本作がカンヌ国際映画祭2019の「監督週間」に選出されたことも発表された。

 本作は、三池監督による原作のないオリジナル作品。希有の才能を持つ、プロボクサー・葛城レオ(窪田)が、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫したことから、人生の歯車が一気に狂い、アンダーグラウンドの世界で巻き起こる人生で最高に濃密な一晩を描く。

 現在放送中の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で主演を務め、2020年度前期のNHK連続テレビ小説『エール』で主人公を演じることが決定している窪田が、葛城を演じる。三池監督とはドラマ『ケータイ捜査官7』以来、約10年ぶりにタッグを組む。

 三池監督は、本作でカンヌ映画祭に2年ぶり7回目、「監督週間」には4年ぶり3回目の選出となる。

 窪田は、三池監督との出会いについて「ケータイ捜査官7のオーディションで三池監督と初対面してから約10年が経ちます。現場で監督が演出する1カット1カットがとにかく面白くて、その魅力に、その空間にしがみついて役を生きていたいと当時感じたのを思い出しました」と振り返り、「再び、三池ワールドに帰ってくる機会をもらえて本当に嬉しかったです」とコメント。

 三池監督はラブストーリー作品を初めて手掛けたことについて「初めて撮ったラブストーリーがカンヌに選ばれた。幸せです。バイオレンスよ、さらば!!」とおどけたメッセージを寄せている。

 映画『初恋』は2020年公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介