浜辺美波「明るくなったね」と言われるように 『賭ケグルイ』が彼女を変えた

映画
『映画 賭ケグルイ』に主演する浜辺美波
『映画 賭ケグルイ』に主演する浜辺美波  クランクイン!

 ヒロインを務めた映画『君の膵臓をたべたい』が興収35億円を超える大ヒットを記録し、劇中で見せた儚(はかな)くも可憐な姿が、大きな反響を呼んだ女優・浜辺美波。そんな彼女の最新作がテレビドラマで放送された「賭ケグルイ」の劇場版『映画 賭ケグルイ』だ。清楚で可憐なイメージだった浜辺が、目を見開き“賭け狂う”姿は視聴者に驚きを与えたが、浜辺自身もこの作品が大きな転機になったという。

 2011年に行われた第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュージェネレーション賞を受賞し芸能界デビューした浜辺。“シンデレラ”にふさわしく、可憐で清楚なルックスは、やや控えめな女の子役がはまっていた。本人も「インドア派だし、一人でいることも好き。『暗いね』と言われることもありました。もっと明るい性格だったらいいのにな」と思うことも多かったという。
 
 そんな浜辺の“明”の部分が引き出されたのが「賭ケグルイ」の現場だったという。「ドラマ版の現場に入ったとき、英勉監督をはじめ、皆さんものすごくコミュニケーションを取ってくれるんです。こちらがやりたいことも受け止めてくださるし、撮影の合間でもたくさんおしゃべりをした記憶があります」。
 
 英監督について、現場を共にした俳優たちは「俳優の自主性を面白がってくれる人」と評していた。そんな現場で繰り広げられる俳優たちの“自由演技”合戦に浜辺も興奮したという。「年上の方ばかりの現場でしたが、テストと本番で違うことをしたくなっても、皆さんしっかり受け止めてくれるんです。『何をやっても大丈夫』という安心感は、ものすごく心強かったです」。
 
 「賭ケグルイ」の現場を経験したことで、浜辺は大きく変わった。「ほかの現場でも『明るくなったね』と言われることが増えました。これまでの現場も楽しかったのですが、その“楽しい”を表情に出すことが苦手だったんです。でも、しっかりコミュニケーションを取ることで、共演者への遠慮もなくなりました」と芝居にも良い効果が出ていることを明かした。

 劇場版では、ドラマ版のメインキャラクターに加え、ギャンブルがすべての学園に反旗を翻す集団「ヴィレッジ」の面々として宮沢氷魚、福原遥、そのほかにも伊藤万理華、小野寺晃良ら新キャストが参加した。特に福原演じる歩火樹絵里と対峙するシーンは大きな見どころだ。「福原さんが演じた役の感情のオンとオフの差に驚くとともに、迫力に圧倒されました」と驚きを見せると「『負けていられない』と思いながら向き合っていましたが、福原さんはすごかったです」と撮影を振り返っていた。
 
 劇場版では、個性的なキャラクターが多数登場する中、浜辺演じる蛇喰夢子は受けに回る芝居が多い。浜辺も台本を読んで「セリフが少ないな」と感じたという。だからこそ「軸がブレてしまったらいけない」と踏ん張った。「もっとやりたい」という思いの中、「やらない」という新たな芝居にも挑戦できた作品だった。
 
 高校を卒業し、4月からは女優業一本となった浜辺。「空いた時間ができたからこそ、挑戦することも増えています。いろいろなものを素直に感じ取っていきたい」と誓いを立てていた。(取材・文:磯部正和 写真:松林満美)

 『映画 賭ケグルイ』は5月3日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介