『なつぞら』 富田望生がすねる姿に「かわいすぎる」「乙女心」の声

エンタメ
広瀬すず&池田エライザ&山本舞香&富田望生『SUNNY 強い気持ち・強い愛』インタビュー
富田望生  クランクイン!

 女優の広瀬すずが主演するNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第4週「なつよ、女優になれ」(第19回)が22日に放送され、演劇部に誘われたいなつ(広瀬)の親友・居村良子(富田望生)の姿に、SNS上には「可愛すぎる」「よっちゃんかわいい。乙女心よな」などの声が寄せられた。

 泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)とのもめごとがきっかけで演劇を始めることになったなつ(広瀬)。入部してみると演劇部の練習は厳しく、酪農との両立も厳しくなっていく。

 演劇部の一員となり練習を続けるなつ。ある日の放課後、親友の良子はなつに「なっちゃん! 今日も演劇の練習かい? 張り切ってるね、楽しそうだね」と笑顔で声をかける。これを聞いたなつは「よっちゃんもやんない?」と誘うと、良子は「えっ!? いいよ私なんて…お誘いもないし…」とポツリ。

 この会話を2人の後ろで聞いていた演劇部の雪次郎(山田裕貴)が「誘われたいの!?」と言うと、良子は「そんなこと言ってないっしょ!」とむくれてしまう。このやり取りにネット上には「よっちゃん可愛すぎる」「よっちゃんかわいい。乙女心よな」「よっちゃんも誘われたいね」「よっちゃんもすればいいのに、演劇」などの声が上がった。

 雪次郎が良子に「一緒にやる?」と提案するも、すねた様子の彼女は「いいよ! ついでみたいに言わないでよ!」と一蹴。しかし雪次郎は食い下がり「ついでじゃねーよ! 裏方はたくさんいた方がいいんだから!」となぜか良子を裏方になること前提で話を進めてしまう。このセリフにSNS上には「裏方要員は失礼(笑)」「デリカシーのかけらもない(笑)」「よっちゃんは、演劇部の裏方にしておくのは勿体ない人材だぞ」などのツッコミが寄せられた。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介