劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』来年1月10日公開 “外伝”上映も決定

ゲーム・アニメ
『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』2020年1月10日全国公開決定 (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーションが手掛けるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作劇場版が、2020年1月10日に公開決定。併せて特報、キービジュアルがお披露目となった。

 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、暁佳奈による小説が原作。2018年よりTVアニメが放送され、情緒あふれる豊かな世界観と登場人物の繊細な心情描写が話題となり、アメリカ、ドイツ、シンガポールなど、世界各地で人気を獲得している。

 完全新作劇場版となる本作は、人々に深い、深い傷を負わせた戦争が終結して数年後が舞台。代筆業に従事するヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人への想いを抱えながら、その人がいない、この世界で生きていこうとしていた。そんなある日、一通の手紙が見つかる…。

 公開された特報では、「時代は変わる」というナレーションからはじまり、「でも変わらないものもある。彼女の感情だ。彼を想う彼女の感情、それは…」と続き“愛してる”という文字か表示され、最後にはヴァイオレットの姿が映し出される。キービジュアルには、ギルベルトとの思い出のブローチを身に着け、儚げな表情を覗かせるヴァイオレットが描かれている。

 ヴァイオレット役は石川由依、ギルベルト役は浪川大輔が担当。TVアニメから引き続き監督を務める石立太一は、「見てくださった方が満足していただける作品に。そして、ヴァイオレットが幸せになれる物語に。そう思いながら、日々制作させて頂いております。ヴァイオレットが書く手紙のように、本当に真っすぐで、美しい。そんな作品でありたいと思います」とコメントを寄せている。

 また今回、ヴァイオレットのもうひとつの物語『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ‐永遠と自動手記人形‐』が劇場にて特別上映されることが決定。9月6日~9月19日までの2週間、期間限定で上映される。

 『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、2020年1月10日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介