ジュリアン・ムーア、S・キング原作のドラマでJ・J・エイブラムスとタッグ

海外ドラマ
Julianne Moore、ジュリアン・ムーア
スティーヴン・キング原作、J・J・エイブラムス製作の新ドラマで主演するジュリアン・ムーア (C)AFLO

 映画『アリスのままで』のオスカー女優ジュリアン・ムーアが、ホラー作家スティーヴン・キングの2006年作『リーシーの物語』のドラマ化『Lisey’s Story(原題)』で主演を務めるという。The Wrapなどの海外メディアが報じた。

 『リーシーの物語』は、キングの小説によく登場する架空の町キャッスルロックが舞台。ベストセラー作家だった夫の死から2年。妻のリーシーが遺品整理を始めたのをきっかけに、封印していた記憶や新たな恐怖が押し寄せるというスリラーだ。

 ジュリアンは主人公のリーシーを演じる。ジュリアが主演でドラマシリーズに出演するのは今回が初めてとなる。

 8話構成となる『Lisey’s Story(原題)』はアップルのストリーミング配信向けのドラマシリーズとなり、映画監督のJ・J・エイブラムスが製作総指揮を務め、キング自身が脚本を執筆するという。エイブラムスとキングがドラマシリーズでタッグを組むのは、huluの『11.22.63』と『キャッスルロック』に続いて今回で3度目となる。ジュリアンとキングは製作総指揮にも名を連ねる。

 他のキャストや撮影時期、リリース時期などの詳細は不明。

 エイブラムスはこのほかにもアップル向けに、歌手のサラ・バレリスが製作で参加する『Little Voice(原題)』と、女優のジェニファー・ガーナー主演『My Glory Was I Had Such Friends(原題)』を控えている。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介