斎藤工、映画本来の“ギャンブル性”に刺激「全身全霊で向かっていく」

映画
映画『麻雀放浪記2020』斎藤工 201904
映画『麻雀放浪記2020』主演の斎藤工  クランクイン!

 俳優の斎藤工と『孤狼の血』(2018)などの白石和彌監督が初タッグを組んだ映画『麻雀放浪記2020』が4月5日よりついに公開された。本作は、イラストレーターの和田誠がメガホンを取った1984年版『麻雀放浪記』を“名作”として称える斎藤が、映画化を切望したことから企画がスタートし、構想10年の歳月をかけてようやくたどり着いた夢の結晶。「先の見えないものに全身全霊を懸けた」という斎藤が、本作への並々ならぬ思いと、とどまることを知らない日本映画への愛を語った。

 本作は、阿佐田哲也のベストセラー小説を基に、『東京ゾンビ』『東京闇虫』シリーズの佐藤佐吉が脚色し、白石監督がiPhoneなどを駆使した新たな世界観で再映画化した衝撃作。舞台は第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年、第二次世界大戦後の1945年から時空を超えてやってきた主人公・坊や哲(斎藤)は、少子高齢化に伴う人口減少、マイナンバーによる過剰な管理社会、AI導入による労働環境破壊など、想像を絶する未来の戦後に愕然としながらも、“自動雀卓”という新たなステージで死闘を繰り広げる。

 原作、そして1984年版の映画をこよなく愛する斎藤は、映画化することに「ワクワクすると同時に恐ろしさも感じていた」と、企画立ち上げ当初の心情を振り返る。ところが、佐藤の大胆な脚本を読んで吹っ切れた。「これが本当に『麻雀放浪記』? と思うほど鋭角的で奇天烈な世界観に唖然・呆然としながらも、気がつくと、喉が渇き切るように最後までページをめくっていました。これこそ、邦画がいつの日か失った、映画が持つ自由表現の行使であり、阿佐田哲也のスケール」と絶賛。

 そして、このプロジェクトに白石監督が参加することで、「原作をリスペクトしながらも、佐藤氏×白石監督という掛け算が、リメイクではなく“リニューアル”と言ってもいいほどの強度を持った」と自信をのぞかせる斎藤。「白石監督の目には正解が見えていて、そこにわれわれを自然と導いてくれました。新たな挑戦にも意欲的で、前作で描かれた伝説的なシーンを完璧に再現するというトライには鳥肌が立ちましたし、さらに今回、全編iPhoneでの撮影にも果敢に挑戦している。回転寿司の皿にiPhoneを乗せて寿司を撮るシーンがあるんですが、“寿司の気持ちになれる”あのアングルは、映画史上初かもしれません(笑)」。

 また、主人公・坊や哲の新たな役づくりについては、「屈強な敵の長所を吸収しながら成長していく順応性が坊や哲らしさ。決して完全無欠ではなく、傷を負いながらも、そこがカサブタのように分厚くなっていく成長譚みたいなものを表現できればと思いました。あとは、昭和の匂いを象徴する存在であることは、常に意識していました」と述懐。さらに、「今回は、勝負にこだわる昭和の雀士が、イカサマの通用しない現代の自動雀卓で勝負したらどうなるのか、というところも見どころの1つ。撮影中は、(手になじむように)右手に1945年当時の竹牌、左手に自動雀卓の牌をクルクル回しながら過ごしていました」と麻雀漬けであったことを明かした。

 それにしても、斎藤の映画に注ぐ愛の深さはハンパない。俳優業はもとより、長編映画『blank13』で監督に挑戦したり、移動映画館「cinema bird」を運営したり、さらにはカメラマンとして映画のメインヴィジュアルを撮影したり、その活動は多岐にわたる。「俳優以外の角度から映画に携われるのは、俳優を長く続けてきた時間があるからこそ。コンパスの中心はあくまでも俳優であり、そこは勘違いしてはいけない」と自身を戒める。ただ、「その一方で、マルチに活躍している海外の俳優たちを見ていると、いろんな関わり方があってもいいのかなという思いもあって、自分と映画との距離が一番自然なところを今、模索しているところ」と笑顔を見せる。

 構想10年を費やした本作もその一環だが、「先が見えないものに全身全霊で向かっていく」という映画本来のギャンブル性に「好奇心を刺激された」という斎藤。「企画の段階から“損”をしない方向で作られたものにワクワクしないですよね。でも、この映画は、それこそ麻雀ではないですが、劇場にどれだけの方が足を運ぶか“賭け”に出た作品」と目を輝かせる。「映画は世界の共通言語。かつて日本映画が世界と渡り合いながら会話ができた時代を取り戻したい。そういった意味では、白石監督のような存在は貴重です」。永遠の映画少年・斎藤の夢は始まったばかりだ。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『麻雀放浪記2020』は全国公開中。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介