『ひよっこ2』明日から4夜放送 前作おさらい&見どころは?

エンタメ
『ひよっこ2』より
『ひよっこ2』より (C)NHK

 女優の有村架純が主演を務めた2017年放送のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)が、タイトルを『ひよっこ2』(NHK総合/3月25日〜28日19時30分)として復活する。放送終了から2年を経てもなお高い人気を誇る前作を振り返り、続編となるスペシャルドラマの注目ポイントを、放送前にチェックしてみよう。

■『ひよっこ』をおさらい!

 『ひよっこ』は、茨城県・奥茨城村で生まれ育った谷田部みね子(有村)を主人公に、彼女の成長や周囲の心優しい人々との日々をつづったヒューマンドラマ。1964年の秋、村から東京へ出稼ぎに出ていた父・実(沢村一樹)の失踪を機に、みね子は高校卒業後に東京・下町の向島電機へ就職。彼女は都会での生活に戸惑いながらも、周囲の支えによって仕事に精を出す。そしてみね子はいつしか実がかつて訪れた洋食屋・すずふり亭の人々とも顔なじみとなる。

 業績悪化によって向島電機が倒産すると、みね子はすずふり亭店主の鈴子(宮本信子)の厚意によりホール係として働くことに。慣れない仕事に悪戦苦闘する。そんなある日、父・実が見つかるが、事件に巻き込まれ記憶をすっかり失っていた。

 戸惑うみね子たちだったが、状況を受け入れ、実は奥茨城に戻り、みね子は東京のすずふり亭での生活を続ける。やがて、厨房に立つ見習いコックのヒデこと秀俊(磯村勇斗)と恋仲になっていく。ラストでみね子は秀俊と結婚した。

 脚本家・岡田惠和が紡ぎ出す物語は、特に大きな出来事が起こるわけではないが、それぞれの人物の日常を丁寧に描き、人気を博した。

■『ひよっこ2』では“前田みね子”に 

 続編となる『ひよっこ2』は、前作の2年後となる1970年の秋が舞台。すずふり亭でホール係として働くみね子の心配事は、鈴子の元気がないこと。一方、奥茨城村では高校2年生になったみね子の妹・ちよ子(宮原和)が進路に悩んでいた。さらにみね子の幼なじみで女優の時子(佐久間由衣)がスキャンダルを起こして村に戻ってきたのだが…。

 前作の2年後を描く続編の見どころの1つは、ヒロインみね子の変化だ。みね子は前作のエンディングで入籍した秀俊と、あかね荘で結婚生活を送っており、2人の店を持つことを目標に、共にすずふり亭で汗を流している。

 有村は、みね子について「クランクインのときにスタッフの方から“前田みね子役の…”と紹介されて“あ、そっか、谷田部じゃないんだもう”って思ったんです(笑)」と話し、「ヒデさんと結婚したことでみね子自身はいつも指輪をつけていたり、ヒデさんと一緒に住むようになったという変化もありますね」と語る。「初々しい二人なので、かわいいなと思いながら演じています」と自身の役の変化を楽しんだようだ。

■前作のキャラクターが総出演!

 また、本作では前作で個性豊かなキャラクターを演じた豪華キャスト陣が再結集する。

 有村は本作の脚本を読んだ感想を、ラジオ番組『岡田恵和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~』にゲスト出演した際に次のように語っていた。

 「全員そろってるんですよね、キャラクターが。岡田さんの愛情が『ひよっこ』という雰囲気だったり、色をつくってくれてるんだなって改めて感じて」。

 脚本家の岡田も「みんなホントに出たいと言ってくれて、それはうれしかったですね。工夫は必要だったけど」と人気キャストゆえの苦労を明かし、「気分は“隠れミッキー”を探せな感じ」(有村)、「ウォーリー(を探せ)が、みたいな」(岡田)と笑う。カメオ出演的なキャストもいるようで、それぞれのキャラクターがどこでどういう風に登場するのか探すのも楽しみの1つになりそうだ。

 全4回で構成されるスペシャルドラマ『ひよっこ2』。みね子や彼女を支える人々が巻き起こす騒動の果てに、どんな“幸せ”が待っているのか、明日からの放送を楽しみに待とう。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介