実在の韓国スパイが見た母国の闇…『工作 黒金星と呼ばれた男』公開

映画
映画『工作 黒金星と呼ばれた男』
映画『工作 黒金星と呼ばれた男』日本オリジナルポスタービジュアル (C)2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

 北朝鮮への潜入捜査を命じられた実在の韓国スパイの活動と苦悩を映画化した『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が、7月19日より公開されることが決定。日本オリジナルのポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態が高まる中、北への潜入捜査を命じられたスパイ、黒金星(ブラック・ヴィーナス)による緊迫感あふれる工作活動と、命を賭けてまで尽くした祖国の闇に気づき苦悩する姿を、実話に基づいて描くサスペンス作品。

 主人公の対北工作員・黒金星を映画『哭声/コクソン』『アシュラ』のファン・ジョンミン、北朝鮮の最高位層の人物リ・ミョンウンをイ・ソンミン、工作戦の総責任者である韓国の国家安全企画部(現在の国家情報院)室長チェ・ハクソンを『お嬢さん』のチョ・ジヌン、北朝鮮の国家安全保衛部の要員チョン・ムテクを『アシュラ』でファン・ジョンミンと共演したチュ・ジフンが演じる。監督は映画『群盗』『悪いやつら』のユン・ジョンビン。

 1992年、軍人だったパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の実態を探るため、コードネーム黒金星という工作員として北朝鮮に潜入するよう命令される。事業家にふんしたパクは、3年にも及ぶ慎重な工作活動の末、北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、北朝鮮の最高国家権力である金正日と会うチャンスをものにする。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を賭けた工作活動が無になることを知り、パクは激しく苦悩する。

 日本オリジナルポスターは、「誰も知らなかった南と北の裏の裏の裏」「北に潜入した工作員の見た祖国の闇には、驚愕の真実が隠されていた―」というコピーと共に、作品を引っ張っていく4人のキャラクター全員が、それぞれ異なる方向を見つめる姿がデザインされたもの。スタイリッシュで緊張感あふれる物語を予感させるビジュアルとなっている。

 映画『工作 黒金星と呼ばれた男』は7月19日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介