『ブレードランナー2049』アナ・デ・アルマス、新作でマリリン・モンロー役か

映画
アナ・デ・アルマス、ANA DE ARMAS
マリリン・モンローを演じる可能性があるアナ・デ・アルマス (C)AFLO

 映画『ブレードランナー2049』『ノック・ノック』の女優アナ・デ・アルマスが、『ジャッキー・コーガン』のアンドリュー・ドミニク監督メガホンで女優マリリン・モンローの人生を描く伝記映画『Blonde(原題)』で主演候補に挙がっているという。Colliderが報じた。

 Netflixで製作予定の映画『Blonde(原題)』は、2001年に米作家ジョイス・キャロル・オーツがピューリッツァー賞にノミネートされた20世紀のセックスシンボル、マリリン・モンローのバイオグラフィー『ブロンド―マリリン・モンローの生涯』がベースになる。2012年ころから映画化の話が浮上し、女優のナオミ・ワッツやジェシカ・チャステインがマリリン役に決まっても実現することはなかった。

 Colliderによると、アナは初期の契約交渉に入っているとのこと。情報筋の話によると、Netflixから正式なゴーサインが出ていないものの、早ければこの夏には企画が動き出すという。ドミニク監督が脚本を執筆し、『ジャッキー・コーガン』『ジェシー・ジェームズの暗殺』でドミニク監督とタッグを組んだ俳優のブラッド・ピットが、自身の製作会社プランBを引っ提げ、デデ・ガードナーと共に製作を務めるという。

 マリリン・モンローの本名はノーマ・ジーン。幼いころは家庭の事情で里子に出され、養護施設で暮らした。やがてマリリン・モンローの芸名でスターダムに上り詰めるが、数々の恋愛遍歴やスキャンダルを経て、1962年にロサンゼルスの自宅で急死。その死にも多くの謎が残っている。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介