有村架純、2年ぶりのみね子は「結婚してワクワク度が上がってる」

エンタメ
【NHK】『ひよっこ2』
『ひよっこ2』で、2年ぶりにみね子役を演じる有村架純(左)とヒデ役の磯村勇斗 (C)NHK

 2017年に放送され、多くのファンを魅了した連続テレビ小説『ひよっこ』が『ひよっこ2』(NHK総合/3月25日~28日19時30分)として復活。ヒロインを務める有村架純は『ひよっこ』への出演を機に、女優としてさらなる飛躍を遂げた。そんな彼女に2年ぶりに演じるヒロイン・みね子について、そしておなじみの面々と繰り広げた撮影について語ってもらった。

 『ひよっこ』は、高度経済成長期の日本を舞台に、集団就職で茨城から上京してきた谷田部みね子(有村)が、困難を乗り越えながら成長していく姿を描いた人間ドラマ。新作となる『ひよっこ2』は、みね子と夫・ヒデ(磯村勇斗)の結婚から2年が経った1970年の秋が舞台となる。

 続編となる本作のシナリオに目を通した時のことを彼女は「終わって1年以上経ちましたけど、台本を読めば“あぁこれが『ひよっこ』だなぁ”という世界のままで」と笑顔で振り返る。「台本を読んだ私自身が、時間は経ったけど経っていないような感覚になれたので、きっと『ひよっこ』を見てくださって、続編も見てくださる方は“あ!これこれ!”というような気持ちになってもらえるんじゃないかなと思います」と手応えを語る。続編では前作のエンディングから2年後のみね子とヒデの姿が描かれるが、有村自身は「演じていても変化はあまり感じなかったです」と心境を言葉にする。

 彼女が長い時間をかけて演じてきたみね子。ヒロイン役として『ひよっこ』に戻ってきたと感じられた瞬間は、さぞ感慨深かったのでは…と思いきや「実は2018年の9月末に『ひよっこ2』のロケがありまして。でもその時『中学聖日記』(TBS)の撮影中で、自分の中で、完全にみね子になっちゃいけないって思ったんですね」と話す。同時期に2本の主演作を撮影していた有村はその時の心境を「どこかみね子だけど、なんか違う人かもしれなくて」と笑う。


 ロケはみね子の故郷・茨城で行われた。みね子として久しぶりに茨城の地を踏んだ有村は「あの場に立つと懐かしいなぁってすごく思ったし、谷田部家のみんなもいたので“あぁ…この空間だなぁ”って感じましたね。先にロケに行けたのは良かったなと思います」と明かす。またロケで久々に茨城弁にふれたことについても「土地の力って本当にあって、茨城弁もすぐに戻ったんです。少し聞くと大丈夫でした」と一言。

 しかし2018年12月にスタジオでの撮影がスタートした際には、演出の黒崎博から“みね子の声が違う”と指摘されたそうで「なかなかすぐには戻らないものだなぁと思ったりもしたんですが、スタジオに入る前のリハーサルで、共演者の皆さんの姿も見たんですけど、ちょっと違うんですよ」と笑うと、続けて「“誰ですか?”みたいな(笑)。続編までの2年間に皆さんもいろんな現場を経験されてきたんだなぁっていうのが感じられて面白かったですね」と続編ならではのエピソードを語る。

 前作ではヒデとの結婚でみね子の名字が谷田部から前田へ変わったことも大きな話題に。結婚したことでみね子自身に変化はあったのだろうか?「クランクインの時にスタッフの方から“前田みね子役の…”と紹介されて“あ、そっか、谷田部じゃないんだもう”って思ったんです(笑)」と話すと「ヒデさんと結婚したことでみね子自身はいつも指輪をつけていたり、ヒデさんと一緒に住むようになったという変化もありますね」とコメント。

 有村は、夫婦となったヒデとみね子の関係性について「ヒデさんとみね子って、お付き合いをして彼氏彼女の関係があったというよりも、すでに夫婦のような関係性なのかなという実感があって」と分析。続けて「だから結婚して今からがすごく楽しい時間というような感覚なんです。初々しい二人なので、かわいいなと思いながら演じています」と笑顔を見せる。そして「二人の距離感はそんなに変化はないですけど、みね子のワクワク度は上がってる気がします(笑)。ヒデさんがデートに誘ってくれたりとかしているので、ヒデさんもそれなりに楽しんでくれてたらいいんですけどね」と白い歯を見せた。(文:鈴木大志)

 ドラマ『ひよっこ2』はNHK総合にて3月25日~28日、4夜連続で19時30分放送。また、連続テレビ小説『ひよっこ』総集編が、NHK総合にて前編が3月21日10時5分、後編が3月21日13時5分放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介