重岡大毅『ストロベリーナイト・サーガ』出演決定 宍戸開&中林大樹ら姫川班集結

エンタメ
※二次使用不可【フジテレビ】『ストロベリーナイト・サーガ』
『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する(左から)重岡大毅、宍戸開、二階堂ふみ、亀梨和也、中林大樹 (C)フジテレビ

 女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務める4月スタートのドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、俳優の宍戸開と中林大樹、ジャニーズWESTの重岡大毅が共演することが発表された。3人は姫川玲子(二階堂)率いる姫川班の刑事役を演じる。

 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化、さらに2013年公開の映画では興行収入21.5億円のヒットを記録した。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。

 二階堂演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事。直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。

 宍戸が演じるのは、姫川が厚い信頼を寄せ、姫川班の“縁の下の力持ち”ともいうべき存在の巡査部長・石倉保。“たもっつぁん”の愛称で後輩刑事たちから慕われる典型的なたたき上げタイプで、地道に築いてきた人間関係と情報網を武器に姫川班の捜査を支えるベテラン刑事だ。宍戸は「リーダーが若い女性刑事なので、たもっつぁんはみこしを担ぐつもりで、“仲間の中のおじさん”になれればいいな」と、ベテランならではの安定感を漂わせる。

 中林が演じる湯田康平は、駆け出しの頃に石倉から刑事のイロハを学び、地道な捜査に労を惜しまない実直で誠実なタイプの巡査。姫川より年上でありながら、その明るい性格と素直さから「コウヘイ」と呼ばれるムードメーカー的な存在だ。中林は「扱う事件もシリアスなものが多いですけど、そういう状況の中でみんなの心を和ませる、いわばメンバーをうまく息抜きさせる担当」と位置づける。

 重岡が演じるのは、姫川班の中で最も若手の巡査・大塚真二。誰よりもシャカリキに走り回る体育会系で、姫川のことを心底尊敬し、何があっても付いて行く覚悟を持つ。泥臭い地道な捜査の末、“ストロベリーナイト”という謎の言葉を探し当てたことが死体遺棄事件解明への糸口となっていく。重岡は「姫川班のメンバーといると楽しいですね。皆さんが気さくに話しかけてくださってクランクインの日から近い距離感になりました」と、作中だけでない撮影現場でのチームワークの良さを語っている。

 木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』は、フジテレビ系にて4月11日より毎週木曜22時放送(初回21時より2時間スペシャル)。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介