『映画 きかんしゃトーマス』、ISSAのハイクオリティな歌声響く劇中映像公開

ゲーム・アニメ
『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』
『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』ISSA扮するレーシングカーのエース(右) (C)2018 Gullane(Thomas)Limited.

 イギリスで生まれ、いまでは世界中の子どもたちから愛されるキャラクター“きかんしゃトーマス”の活躍を描くシリーズの劇場版最新作『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』より、ISSA(DA PUMP)扮するレーシングカー、エースの歌唱シーンを捉えた劇中映像が公開された。

 『きかんしゃトーマス』シリーズの長編最新作となる本作では、レーシングカーのエースと出会ったトーマスが、世界一周の旅に出たくなり、ソドー島を飛び出し全速力で五大陸を駆け抜ける。冒険の途中で見たことのない景色や文化に触れ、明るいケニアの女の子の機関車ニアと友だちに。しかし、初めての世界には知らないことが多すぎて…。

 今回公開となった映像では、ISSA扮するエースが奇しくもトーマスやニアと旅を共にすることになり、自分の気持ちを歌で表現する歌唱シーンが収められている。エースは、世界一周ラリーに参加する直前にトーマスと出会い、旅へといざなう役どころ。「俺はプライド捨て、君に乗ってやったのさ」「気が向いたときにあちこちに行ってみたい それが俺にはお似合いなんだ」という歌詞からは、エースの自分が大好きで自信にあふれている一面や、自分の思い通りに生きたいという“夢想家”な姿が垣間見える。映像の最後は、“自由気ままに”ノリノリで歌いながら広大な砂漠を猛スピードで駆け抜けるエースの姿で締めくくられている。

 本作が劇場アニメ初出演となるISSA。劇中では、テンポが速く、キャッチーなフレーズがいくつも盛り込まれた、明るくハイテンションなエースのキャラクターを彷彿とさせる歌唱シーンに挑戦。アフレコ収録を振り返り、「普段の歌い方よりはミュージカルに近く、役が発する言葉がメロディになっていくところの難しさがありました」と苦戦したことを明かしたものの、持ち前の歌唱力を活かし、クオリティの高い歌唱シーンに仕上がっている。

 『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』は、4月5日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介